#842 タコライス

なにごともなかったかのように、しれっと更新してみる。(笑)

皆さまいかがお過ごしですか?^^


a0122758_21032211.jpg

一年を通して、よく作るタコライスですが、暑い季節はさらに作るペースが増すように思います。

ストックしているミートソースを使って作るととても簡単ですが、ストックがなくとも挽肉さえあれば、簡単にタコライスが完成!のレシピを、今日はご紹介したいと思います。^^

合挽き肉と一緒にサイコロ状に切った茄子も1本加えて一緒に炒めます。

味付けはケチャップとウスターソース。

これなら冷蔵庫にあるもので簡単に作れます。


本来はスパイスなんかが入ってエスニックな雰囲気なのですが、エスニックな感じをスイートチリソースで出してみました

まわりのレタスとトマトに市販のスイートチリソースをちょいとかけて。

するとあら不思議!なんかそれだけでアジアンな感じが一気に高まるではないですか!

手早く作ることができるので、残業帰りの晩ごはん、はたまた休日のランチにもおすすめです。^^

ジャスミン。

a0122758_21045335.jpg

レシピ

【材料】2人分

合挽きミンチ…150g

茄子(大)…1

塩こしょう適量

白ワイン(酒でも可)大さじ2

ウスターソース大さじ1

ケチャップ大さじ3

レタス適量

トマト…1

ピザ用チーズ適量

スイートチリソース適量

お好みで

フライドオニオンのトッピングなど

【作り方】

1 フライパンに油を熱し、ミンチとサイコロ状に細かく切った茄子を入れてよく炒める。肉にしっかりと火が通ったら、塩こしょうを軽くしてワインを回し入れ、アルコール分を飛ばす。

21.にウスターソースケチャップを加えよく混ぜるようにして炒める。水分がなくなってきて、まとまってきたら火を止める。

3 器にごはんを盛り付け、上から2.のミントと茄子をのせ、レタス、トマトを周囲に散らすようにする。ピザ用チーズをトッピングして、レタスとトマトに少しスイートチリソースをかける。お好みでフライドオニオンのトッピングなどをしてどうぞ。


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ



# by mrs-jasmine2 | 2015-06-26 21:10 | アジアン | Trackback | Comments(11)
        
#841 チキンカチャトーラ
最後にブログを更新したのが年明けだったもので、母から「あなたのブログ、いつまで経っても“あけましておめでとうございます”のままよ…」というツッコミがあったこともあり、更新しないとなぁ…と思いつつ、ようやく更新ができましたの3月中旬。(苦笑)

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
すっかり暖かくなって、季節はもう春ですねぇ。


a0122758_1213724.jpg


煮込み料理がとにかくおいしかった冬も去り、これからの季節はこういうものが食べたくなります。

チキンカチャトーラ。

チキンカチャトーラとは、キチンのトマト煮込みのこと。カチャトーラとは、イタリア語で猟師風という意味なんだそうです。チキンのトマト煮込みといえば、よくあるメニューですが、カチャトーラというだけで、なんだかちょっと特別な響きです。^^

こういったトマト煮込み系のメニューは、缶詰のホールトマトやトマトピューレなどを使うレシピが多く、確かにそれらを使うと、コク深い仕上がりにはなるのですが、わたしの好みとしてはもう少し、さらりとあっさりとしたのがいいなぁ…と思っていました。そこでわたしのレシピでは、フレッシュなトマトを使います。完熟のものでなくても、全然問題ありません! チキンは手羽元を使用。骨付きなので、いいスープも出ます。

そしてあっさり仕上げにするからこそ、チキンの下味はしっかりと!
できれば前日から、白ワイン、にんにく、塩で漬け込みます。煮込む前には、こんがりとおいしそうな焦げ目が付くよう、フライパンで焼いておくのもポイント。ジューシーチキンがますます食欲をそそります。じーっくり炒めた香草野菜のうま味が凝縮されたベースに、たっぷりの白ワインで香りよく、フレッシュなトマトのうま味はやさしく、そしてジューシーなチキンのバランスは絶妙。きのこも加えて、さらに香り高く。今回はしめじだけにしましたが、マッシュルームなどもいいですね。

おもてなしランチのメニューに度々、採用しています。
願わくば…、素敵なお庭のテラス席や絶景を眺めながらのベランダなんかでいただけるといいのですけど…。^^;

ジャスミン。


a0122758_12132431.jpg

*レシピ*
【材料】2人分
鶏手羽元…8〜10本程度
●下味
白ワイン…大さじ3
にんにく(すりおろし)…1かけ分
塩…小さじ1/2〜1程度
砂糖…ふたつまみ

トマト…2個
しめじ…小1袋
オリーブオイル…適宜
無塩バター…10g
にんにく…1かけ
玉ねぎ…1/4個
セロリ…茎15cm程度
にんじん…30g
塩…少々
白ワイン…100ml
固形チキンスープの素…1個
水…50〜100ml
ローリエ…1枚
塩こしょう…適宜


【作り方】
1. 前日に鶏を下味に漬け込む。手羽元の骨に添って、2カ所程度、包丁で切り込みを入れ、下味の材料をよくすりこむ。冷蔵庫でひと晩寝かせる。
2. トマトは湯むきして、横半分に切り、種の部分を取り除き、サイコロ状に刻む。種の分はざるなどで漉して、汁はとっておく。
3.にんにく、玉ねぎ、にんじん、セロリは細かくみじん切りに。
4. 厚手の鍋にオリーブオイルを熱し、3を入れて弱火でじっくりと炒める。塩ふたつまみ程度とバターも加え、量が最初の半分から1/3程度になるまでよく炒める。
5.手羽元をフライパンで焼き色が付く程度焼く。
6.4.に5.を加え、白ワインを加えて蓋をして弱火で約5分、蒸し焼きに。
7.6.にトマト、トマトの汁、スープの素、水、ローリエを加え、蓋をして15〜20程度弱火で煮込む。残り5分くらいのタイミングで根元を落としたしめじを加えて軽く煮込む。
8.蓋を取り、味をみて水っぽいようであれば、蓋を取ったままそのまま煮詰め、濃いようであれば水を少し足す。塩で味を整える。
9.お皿に盛りつけ、パセリ、粉チーズ、黒胡椒を挽いてどうぞ。
※ごはんを添えて食べてもおいしいです。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




# by mrs-jasmine2 | 2015-03-18 12:14 | イタリアン*主菜* | Trackback
        
#840 水菜のちくわと車麩の煮浸し
新しい一年が始まりました。
皆さまにとって2015年が輝かしい一年となりますように*

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

a0122758_15220241.jpg


a0122758_15222137.jpg

年末年始、おいしいものたくさんいただきましたか?^^
最初の投稿がこんな地味なのもなぁ…と思ったのですが、
ここ最近とても気に入って、よく作っている一品をぜひご紹介したいと思います。

なかなか新しいレシピの開発ができていなかった今日この頃でしたが、
そんな中、誕生したこちらは、
「おいしいの作るぞー!」と気合を入れて考えたというよりは、
冷蔵庫の残りものを、なんとなく組み合わせてみたら
(そして本当に適当に作ってみたら…^^;)、
思いがけず、おいしいものができてしまって、
感激のあまり、ひとり悦に入る…という、
なんとも自己満足的な一品でもあるのですが、
ほっこりといいますか、素朴といいますか。

でもこういうのが家庭料理だよねと、
こういう一品が副菜にちょこっと出てきてくれると、
わたしはやっぱりうれしいなぁなんて思うのです。^^

青菜は、水菜や春菊など、ちょっと苦味のあるものがおすすめ。
この季節は鍋物の必需品なので、冷蔵庫に中途半端に残っていたりしたらラッキーです。

それと、ちくわと車麩のコンビが好きですが、車麩のかわりに揚げ麩だと、
コク深くなってこれまた美味です。
さらに厚揚げを入れるというのもあり。

柚子の皮と散らせば、素朴な一品があっという間に小粋な一品に変身なのですが、
ふだんのおかずにはもちろんなくても十分です。
ただこの季節は、お正月の食材の残りってことで、柚子があればそれはまたラッキーということですね。^^

ジャスミン。


☆レシピ☆
【材料】2人分
水菜…1/2束程度
ちくわ…1本程度
車麩(揚げ麩でも)…適量

だし…150ml
薄口醤油…小さじ2
みりん…小さじ2


【作り方】
1.車麩はぬるま湯なので戻し、水気を絞って適当な大きさに切る。ちくわは適当な大きさに切る。水菜は根本を落として、3,4cm程度の長さに切る。
2.小鍋にだし、薄口醤油、みりん、ちくわを加えてひと煮立ちさせ、車麩を加えて少し煮込んだら、最後に水菜を加えてできあがり。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




# by mrs-jasmine2 | 2015-01-05 15:45 | 和食*副菜* | Trackback | Comments(1)
        
#839 クリーミーチーズコロッケ
今日はクリスマス・イヴですね。

a0122758_11354022.jpg

平日なのでお仕事という方も多いことでしょう。わたしももれなくそのひとりです。^^;
とはいえ、今日明日は腕を振るってクリスマスディナーを作る!という方もいらっしゃるのでは。

クリスマスに限らず、忘年会や新年会となにかと人が集まり、楽しい宴が開催されるこの季節。
パーティメニューの定番?みんな大好きな人気メニュー・フライドポテトで、ゲストに感激してもらいませんか?^^


ポテトを素揚げして、塩こしょうをふりかけて、レモンを絞ったり、バターを落としてみたり。
揚げたては最高のおいしさ。

通常バージョンだってもちろんおいしいのですが、たまにはこんなスペシャルバージョンも☆

ポテトはマッシュポテトにし、そこにクリームチーズとパルミジャーノを加えて、チーズ風味のクリーミーペーストに。
それをコロンとかわいくまん丸に整え、片栗粉をまぶして揚げると…。
なんともクリーミーでとってもおいしー♡感動すること必至です。^^

一瞬、ふつうのコロッケかな?って思うのですが、食べてみるとシンプルなポテトのフライ。
しかも舌ざわりがとってもなめらかクリーミー。
かつ、チーズの風味に悩殺されること間違いなしです。

素材に、裏ごしするというひと手間を加えて、この感動が生まれるのですね。
お子さまにも喜ばれると思いますが、個人的にはこれは大人な味わいって思います♪

*******
今回の投稿が年内最後になると思います。
今年はなかなか更新できませんでしたが(何か月も放置したかと思えば、月1ペースだったりとか…^^;)、それでも、更新をするとたくさんの方がご訪問くださって、そしてFBのジャスミンページにもたくさんの「いいね!」をいただいて。
いつもいつもありがとうございます。
7年も続けてこられたのも、こうやって陰ながら応援してくださるみなさんあってこその「ジャスミンの料理手帖」です。^^
この一年も感謝の気持ちでいっぱいです♡
そして「やめてなかったの?」と思われるくらい更新が滞ろうとも(苦笑)、来年もこのブログは続けていきたいと思っています。

このブログに遊びに来て下さるみなさまにとって2015年が穏やかで輝かしい一年でありますように*
どうぞよいお年をお迎えください。



ジャスミン。


☆レシピ☆
【材料】4人分程度
メークイン…300g
クリームチーズ…50~60g程度
パルミジャーノ(粉チーズでも可)…大さじ1
生クリーム…大さじ1~2(生クリームがなければ牛乳で代用可能)
塩こしょう…適量
片栗粉…適量

【作り方】
1. メークインは洗って、鍋に入れ、かぶるくらいより少し多めの水を入れて火にかける。串を刺して、スーッと通る程度まで茹でる。途中、水が少なくなってきたら都度、足すようにする。
2. 1.を熱いうちに、皮をむきマッシャーで潰す。
※よりなめらかにしたい場合は、裏ごしにしますが、マッシャーでよく潰すのでも十分です。
3.耐熱容器にクリームチーズを入れて電子レンジにかけ、チーズを溶かす。
4.3.を2.に加え、粉チーズ、生クリームも加えてよく混ぜる。味をみて、塩こしょうで整える。
5.4.を丸く整形する。表面に薄く片栗粉をはたき、中温の油できつね色になるくらい揚げる。揚げたてに塩を少しふり、黒胡椒を挽いてどうぞ。お好みでEVオリーブオイルを少しかけたり、パルミジャーノをすりおろしたり、カットレモンを添えても。

【ポイント】
・たねがかなりゆるくなるので、使用するのはメークインがおすすめ。
・片栗粉は揚げているときにはがれてしまうこともあるので、手で表面によく押さえつけるようになじませる。片栗粉をまぶした後、少し冷蔵庫で寝かせるとよい。
・油に入れたら、型崩れしやすいので、あまり触らない。
・揚げ油の温度が下がらないよう、一度にたくさん入れずに少しずつ揚げる。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




# by mrs-jasmine2 | 2014-12-24 11:37 | フレンチ*副菜* | Trackback | Comments(2)
        
チキンスープストック仕込みました。
今週は寒い日が続きます。

相変わらず慌ただしい日々を過ごしておりますが、それでも皆さまよりも(おそらく)少し早めに突入できる冬休みを前に、最後の追い込み頑張ってます!
来週の今頃は、すでにのんびりしてるはず~。(笑)
今年の年末はいつも以上にゆっくりと、今年一年を振り返ってみたいと思っています。静かに迎える年越しというのもよさそうです。^^

今年は人生の転機と感じるいろいろなことがありましたが、引っ越しもそのひとつ。
以前の住まいよりも築年数が古くなり、想定の範囲内と言いたかったのですが、現実はそれ以上に寒い!(苦笑)
でも南向きの明るい部屋はとても気に入っていて、日当たりがいいのはほんと救われるなぁと思います。
そんな寒い我が家ですので、これまで以上に温かいものをいただくのが幸せのひとときです。

a0122758_12292144.jpg

スープストックは一年を通して、定期的に仕込みますが、この季節はさらに重宝します。
チキンスープストックはいろいろバージョンがありまして、こちらはチキンと野菜を煮込んだもの。
そう“ただ”煮込んだだけで、味付けはいっさいしていません。

チキンはいろんな部位を用意しました。骨付きのものは必須。とてもよいスープが出ます。^^
今回は、骨付きもも肉、ももぶつ切り(水炊き用)、胸肉、皮です。

いろんな部位を用意するとアレンジも楽しいですよ♪
そして野菜は、セロリ、玉ねぎ、にんじん。
そう、これらの材料は、スープストックをとるためのものなので、本来は、煮込んだあとは捨ててしまうのですが、なんだかもったいなくって、あとあとアレンジに使うつもりで、ちゃんと皮をむいて煮込みました。
ハーブなども加えたいところでしたが、洋風だけにとどまらず、和風、中華と様々なアレンジを楽しみたかったので、それはなしで。
味付けもいっさいなしなので、塩こしょうさえしていません。

a0122758_12305965.jpg

こちらができあがり♪
ここからまたひとふんばりです。

チキンは部位別に分けて冷凍保存。
骨付きもも肉は骨から身をはずし、胸肉も身をほぐした状態で保存。
スープはいったんこして、野菜とスープに分けて、こちらも保存。

そしてそして、どんなアレンジを楽しんだかといいますと・・・

a0122758_12311794.jpg


まずは、チキンワンプレートに♪
ももぶつ切りをバターでソテーし、カレーパウダーで味付けしたものを、
チキンスープ、白ワイン、トマトで煮込みました。
もちろん野菜も有効活用!
最後に、しめじと白いんげん豆も加えました。
味を調えてメインのできあがりです。^^
茹でたオクラ、サラダ、そしてクスクスを添えました。

思いのほか、水っぽかったのですが、そこは臨機応変にスープは別盛りで。^^;
おかげでスープまで添えられることになり、ワンプレートな献立の完成となりました。

*******
今週末はいつもの仲良しメンバーが我が家に集合。
豆腐チゲをメインに、サラダやチャプチェ、チヂミなどを作って「コリアな宴」を開催予定なんです。もちろんお酒はマッコリ!?
とっても楽しみです♡


ちなみに豆腐チゲは過去にこちらでもレシピをアップしています。 → 
a0122758_1233320.jpg


我ながらなかなか気に入っていて、けっこう簡単にできるのでおすすめです。
お友だちにも、こちらを気に入って作ってくれている人多いんです。^^
チゲのスープストックはシンプルに鶏ガラとネギ、生姜のみでとっています。

皆さまもよい週末を。


ジャスミン。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




# by mrs-jasmine2 | 2014-12-19 12:34 | アレンジ | Trackback
        
#838 季節のアクアパッツァ→リゾット
今年は暖冬というのも納得で、確かに例年に比べて暖かいなぁ…なんて思っていたのですが、ここ数日、朝晩はぐっと冷え込むようになりました。
こういう冬のはじまりを感じる今の季節がとても好きです。
冷え性ですので、寒いのは苦手ですが、夏生まれのくせして、夏よりも冬の方が好きなんです。
a0122758_13373244.jpg

寒い寒いと言いながら、温かいものを食べたり飲んだり、お部屋の冬支度をするのも雰囲気あっていいですよね。

冬の定番といえばお鍋。
お鍋を楽しめるというのも、冬がお気に入りの理由のひとつ。
お鍋の定義というのが、好きな素材をあれこれ入れて…だとすれば、アクアパッツァというのもアリですよね♪

旬の魚介を楽しむという意味では、年中楽しめるアクアパッツァ。今回は今が旬の牡蠣を加え、大好きな銀杏も入れてみました。
これ、さすがに本場では入らないですよね。
おかげで、ちょっぴりフュージョンっぽくもなりました。

a0122758_13374710.jpg

お皿に具を盛り付け過ぎで、なんだか全容がよくわからない絵になってしまってすみません…。
アクアパッツァ以上に、個人的に楽しみにしているのがシメのリゾット!
これ、たまらん、おいしさです!

a0122758_1338108.jpg

簡単レシピに書きますが、いくつかのポイントを押さえれば、このシメのリゾット、驚くくらいにプロの味に近づきます。
いわゆる、和風のお鍋に飽きたら、アクアパッツァたまにはどうですか?

ジャスミン。


*簡単レシピ*
【材料】
白身魚…お好みのもの適宜
やりいか、ひいかなど…小ぶりのイカ適宜
あさり…200g程度
牡蠣…150~200g程度
その他お好みのシーフード

にんにく…2かけ
ミニトマト…10~15個程度
イタリアンパセリ…20g程度
EVオリーブ油…50ml
白ワイン…100ml
水…300~400ml
トマトピューレ…お好みで50ml程度
塩こしょう…適宜
レモンカット…お好みで

※リゾットの材料
米(洗わない)…1合
水…適宜
玉ねぎ…1/4個(みじん切り)
にんにく…1かけ(みじん切り)
トマトピューレ…100ml~
塩…適宜
パルミジャーノ…たっぷり
黒こしょう…適宜
イタリアンパセリ…適宜


【作り方】
1.魚貝は下準備をしておく。
2.鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたにんにくを炒める。香りが出てきたら白身魚とイタリアンパセリの刻んだもの(トッピング用に少し残しておく)を加えて、両面をきつね色に色付くまで焼く。白ワイン、あさり、イカ等を加えて、白ワインのアルコール分が飛んだら、水、ミニトマトを加えて弱火で10分程度軽く煮込む。
※牡蠣は最後に加えます。
3.好みでトマトピューレも加えて軽く煮込み、塩こしょうで味を調える。イタリアンパセリを刻んだものを散らしてできあがり。
※お好みでレモンを絞っていただく。

【リゾットの作り方】
1.フライパンに無塩バター20gを熱し、玉ねぎとにんにくを炒め、しんなりとしてきたら米を加えて炒める。
2.1.をアクアパッツァの残りのスープに入れて(この時は具はできるだけ残さないようにする)、トマトピューレを加え、水分が足りなければ、水をひたひたより少し多めになるくらいの量加えて弱火で約15~20分煮込む。
※この時の水は、スープがあまりにも少ない場合は、チキンスープにしても。
※途中火加減に注意しながら、水分が少なくなり過ぎるようであれば、水を少しずつたす。この時、しゃぶしゃぶになることのないよう、ぎりぎりの量で調整する。
3.15分経ったら、味見をして米に少し芯が残る程度に仕上げる。味付けは、少し塩をきつめに。
4.仕上げの味付けとして、パルミジャーノをたっぷりとすりおろす。これがポイント!かなり多めがおいしいです!!パルミジャーノで味付けをするような気持ちで。
5.仕上げに、イタリアンパセリ、黒こしょうを挽いてどうぞ。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




# by mrs-jasmine2 | 2014-11-11 07:07 | イタリアン*主菜* | Trackback | Comments(4)
        
#837 柿のマリネサラダ
a0122758_1993121.jpg

ブログを始めて7年になりますが、今年はなかなか更新ができない一年となってしまいました…。
なーんて「今年も…」と、この一年を振り返るような季節がもうやって来るのですねぇ。まだ年末は早いかな?と思うものの、来週はもう11月。今年もあと2か月・・・。おそろし!!(苦笑)

そんななか、FBのジャスミンページに、ある方からメッセージをいただきまして、わたしが以前にELLE ONLINEブログで紹介をした、この柿のマリネサラダを気に入ってくださっているとのことで、今年も柿の季節に作ろうと探してみたけど見つからない…とのことでした。

ごめんなさい…。
そうなんです、ELLEの連載が終わってしまって、すべての記事が消えてしまったんですねぇ…。(涙)

幸い、このレシピは記録として残していたので、今回ご紹介をさせていただきたいと思います。

これまでもこのようなメッセージをいただくことがあって。
FBページもなかなか更新ができずに気がかりではあったものの、もうすぐ「700いいね!」にも到達しそうで。
そして今回のようにメッセージをいただけたりなんかすると、見て下さっている方がいるんだなぁ、わたしのレシピを気に入ってくださっている方がいるんだなぁと、もう本当にうれしいったらないのです。^^

そんな方がおひとりでもいらっしゃる限り、やっぱり頻繁に更新をできなくとも、続けていきたいな…なんて思う次第です。

日々の生活に追われながらも、毎日(一応ちゃんと?)ごはんは作っているわけで。
時間に余裕がある時のお料理とは内容はずいぶん違ったものではありますが、それも含めてわたしの日々のおうちごはん。
いろんなライフスタイルに合わせて変化は当然あるもので。
そう思うと、その時々のわたしのお料理というものをお届けしていきたいな…なんて思うのです。
そして改めてどんな状況であれ、わたしはやっぱりお料理が好きなのです♡

ブログはなかなか更新できずにいますが、Instagramはぼちぼちアップしていますので、Igをされている方はそちらにも遊びに来ていただけましたら幸いです。

Instagram ID → mrs_jasmine0614

最近、簡単レシピも公開をはじめました。^^
本当に簡単レシピですが、ある意味“使える”レシピです♪

ではでは前置きが長くなってしまったので本題!

*******
a0122758_199488.jpg

秋の果物として、わたしが一番身近に感じる柿を使ったマリネサラダのご紹介です。
フルーツとして楽しむだけでなく、ちょっとした前菜として、お料理として楽しむっていうのもいいですよね♪

アレンジとして、生ハムメロンならぬ、生ハム柿も絶品。
細かく切って、サラダにトッピングするのもよし。
なんてことはないシンプルなサラダが、季節感をプラスした粋なサラダに即変身です。^^

ジャスミン。


☆レシピ☆

【材料】
柿…1個
塩…適量
黒胡椒…適量
 
●マリネ液
EVオリーブオイル…大さじ1程度
レモン汁…1/8個分
白ワインビネガー…小さじ1
はちみつ…小さじ1~
ディル…適量


【作り方】
柿は16等分のくし型に切り、容器に入れて塩胡椒をして、マリネ液の材料を順番にかけては和えてを繰り返し、加えていく。冷蔵庫でしばらく寝かせる


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




# by mrs-jasmine2 | 2014-10-28 19:10 | イタリアン*副菜* | Trackback | Comments(2)
        
#836 タコのカルパッチョ トマトのジュレ添え
先日ご紹介した「万能!トマトのジュレ」ですが、作るときにちょっと多めにまとめて仕込んでおくと、アレンジができていろいろ楽しめます。
a0122758_18265858.jpg


前回の記事で、このトマトのジュレを使って、カルパッチョを作るとおいしい!と書いたのですが、今回はその一例として、たこのカルパッチョのレシピをご紹介したいと思います。

カルパッチョは、トマトのジュレ抜きでも美味ですが、せっかくですので、トマトのジュレと一緒にお楽しみいただきたいです。^^
たこ以外でも、季節の魚であれこれためしてみてください。
基本的には帆立や白身のお魚がいいかな~と思いますが、アジやサバでもためしてみたいなと思っています♪

a0122758_18271643.jpg

ドレッシングの材料にメープルシロップがあるので、びっくりされる方がいるかもしれませんね。
実はこのメープルの甘みがとってもポイント!
ほんの少量ですが、これがあるのとないのとでは、仕上がりの雰囲気変わってきますよ~。


ジャスミン。

a0122758_18272618.jpg

*レシピ*
【材料】2人分
生ダコ(刺身用)…100g程度
ミニトマト…1、2個程度 
タイム、イタリアンパセリなどのお好みのハーブ…適宜、 
トマトのジュレ…適宜

●ドレッシング
塩…適宜、
黒こしょう…適宜
EVオリーブオイル…小さじ1.1/2、 
白ワインビネガー…小さじ1弱
メープルシロップ(または、はちみつ)…小さじ1/2
レモン汁…1/8個分

●仕上げ用
黒こしょう…適宜
レモン…1/8個


【作り方】
1.生ダコは薄くスライスしてお皿に並べる。ミニトマトは4等分に切って、散らす。ハーブも散らす。
2.ドレッシングの調味料を上記に書かれている順番に生ダコの上から回しかけていく。
※必ず順番通りに1種類ずつかけていくのがポイント。
3.トマトのジュレをまんべんなくのせて、仕上げに黒こしょうをきつめに挽いて、食べるときにレモンを絞っていただく。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




# by mrs-jasmine2 | 2014-09-25 18:27 | イタリアン*副菜* | Trackback | Comments(4)
        
#835 万能!トマトのジュレ
以前、ジュレを作るのにとってもハマっていた時期があります。
a0122758_9511525.jpg

暑い季節は特にいいですよね。
見た目が涼しげなので、視覚的にいいですし、食感というか、のどごしもいいので、うん涼感たっぷり爽やか♪

コンソメやワインであれば洋風に、和風だとわさびのジュレなんてのもあり。
ソースがわりに素材にかけるだけで、ワンランクアップの一品になってくれます。

なかでも特にお気に入りなのが、このトマトのジュレ。
ひと晩かけて取り出す、トマトのエキスはきれいな透明で、トマトっぽくないんですけど、その味わいは驚くほどにトマト!

このエキスをアガーでゆるめに固めてジュレにします。
週末を利用してこのジュレのストックを作っておくと、平日はとっても役に立つんですよ♪
このトマトのジュレがあまりにも好きすぎで、わたしはこのまま食べてしまうこともしばしば。^^;

まさにデザート感覚ですが、もちろんお料理にも大活躍で、野菜をシンプルに塩焼きしたものの上からかけるだけで、極上の仕上がりに。
旬の野菜との組み合わせをあれこれためしたいものです。
シーフードとの相性も抜群なので、雲丹や帆立、海老などなど。
ソテーに添えたり、お刺身に添えても最高。
カルパッチョ仕立てにすれば、おもてなしの一品としても申し分なしです。

このジュレの存在を思い出し、長期夏休みを利用して、久しぶりに作ってみました。
そしてしみじみ実感。
うん、これ使えるやつだ!^^

ジャスミン。

a0122758_9512487.jpg

*レシピ*
【材料】
トマト…2個
水…大さじ2
白ワイン…大さじ1
塩…ふたつまみ程度
砂糖…小さじ1/2
アガー…トマトエキスの2%


【作り方】
1.トマトは湯むきして、種をきれいに取り除く。ざるなどでよくこして、種のまわりのぬめりの部分を取っておく。実は1cm角に切る。
2.刻んだトマトとトマト汁、塩、砂糖、水、白ワインをミキサーにかける。
3.ボールで受けたざるにキッチンペーパーを敷き、2を流し込む。上からラップをのせ、何か重しになるようなものをのせて、冷蔵庫にひと晩入れて、エキスを漉す。
4.漉された透明なエキスを鍋にかけ、総重量の2%の量のアガーを加えてよく溶かす。熱いうちにバッドなどに流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
●写真のレシピ
アスパラを網焼きまたは、魚焼きグリルで焼く。熱いうちに、塩こしょう、パルミジャーノをかけ、そのまわりにトマトのジュレをかける。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




# by mrs-jasmine2 | 2014-09-10 07:00 | ソース・ペースト類 | Trackback | Comments(8)
        
#834 すだち涼麺
昨日、テレビに天気予報で聞いて、へーって思ったのですが、昨年8月の大阪の猛暑日は18日にあったそうですが、今年は“0日”だったのだとか!
そういえば、雨も多かったですし、そこまで過酷な暑さというわけではなかったですよね。8月末からは、クーラーをつけなくても快適に過ごせるようになりました。風通りのよい我が家では、朝夕は肌寒いくらいです。

a0122758_12274418.jpg

そんなこともあって、この夏は例年と比べると、冷たい麺をそんなに食べていないなーと。なんだか夏にやり残したことみたいで、ちょっと寂しい…。^^;
(冷やし中華なんて1回も食べてません!)

それでも、お素麺は好きで1回だけ購入しまして、あれこれ作って楽しみました。
こちらは、すだちラブ♡なわたしの夏の定番、その名も「すだち涼麺」です。^^

具だくさんなガッツリ系の冷たい麺もおいしいのですが、究極にあっさりとしたものを求めているときは、こちらの涼麺♪


もう読んで字のごとく、見たまんまって感じなのですが、
麺の上にたっぷりのすだちの輪切りを浮かべて、アクセントに黒胡椒を挽いています。

シンプルを究めたって感じのこちらですが、
すだちの香りがとってもよくって、ツルツル〜ってのど越しも最高です。
作るのもとっても簡単♪
また来年―。^^

ジャスミン。


*レシピ*
【材料】2人分
お好みの麺(素麺、稲庭うどんなど)…2束
麺つゆ(ストレートタイプ、濃縮タイプの場合は薄めておく)…適宜
水…適宜
すだち…3~4個
黒胡椒…適宜

【作り方】
1.麺は表示時間通りに茹でて、茹で上がったらすぐにざるにあげて水気を切り、流水で冷やす。
2.器に水気をよく切った麺を盛り、その上から麺つゆをまわしかける。水で少し薄め、氷を浮かべる。全体に薄くスライスしたすだちをのせ、黒胡椒を挽いてできあがり。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




# by mrs-jasmine2 | 2014-09-03 12:27 | 麺類 | Trackback | Comments(0)