#841 チキンカチャトーラ
最後にブログを更新したのが年明けだったもので、母から「あなたのブログ、いつまで経っても“あけましておめでとうございます”のままよ…」というツッコミがあったこともあり、更新しないとなぁ…と思いつつ、ようやく更新ができましたの3月中旬。(苦笑)

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
すっかり暖かくなって、季節はもう春ですねぇ。


a0122758_1213724.jpg


煮込み料理がとにかくおいしかった冬も去り、これからの季節はこういうものが食べたくなります。

チキンカチャトーラ。

チキンカチャトーラとは、キチンのトマト煮込みのこと。カチャトーラとは、イタリア語で猟師風という意味なんだそうです。チキンのトマト煮込みといえば、よくあるメニューですが、カチャトーラというだけで、なんだかちょっと特別な響きです。^^

こういったトマト煮込み系のメニューは、缶詰のホールトマトやトマトピューレなどを使うレシピが多く、確かにそれらを使うと、コク深い仕上がりにはなるのですが、わたしの好みとしてはもう少し、さらりとあっさりとしたのがいいなぁ…と思っていました。そこでわたしのレシピでは、フレッシュなトマトを使います。完熟のものでなくても、全然問題ありません! チキンは手羽元を使用。骨付きなので、いいスープも出ます。

そしてあっさり仕上げにするからこそ、チキンの下味はしっかりと!
できれば前日から、白ワイン、にんにく、塩で漬け込みます。煮込む前には、こんがりとおいしそうな焦げ目が付くよう、フライパンで焼いておくのもポイント。ジューシーチキンがますます食欲をそそります。じーっくり炒めた香草野菜のうま味が凝縮されたベースに、たっぷりの白ワインで香りよく、フレッシュなトマトのうま味はやさしく、そしてジューシーなチキンのバランスは絶妙。きのこも加えて、さらに香り高く。今回はしめじだけにしましたが、マッシュルームなどもいいですね。

おもてなしランチのメニューに度々、採用しています。
願わくば…、素敵なお庭のテラス席や絶景を眺めながらのベランダなんかでいただけるといいのですけど…。^^;

ジャスミン。


a0122758_12132431.jpg

*レシピ*
【材料】2人分
鶏手羽元…8〜10本程度
●下味
白ワイン…大さじ3
にんにく(すりおろし)…1かけ分
塩…小さじ1/2〜1程度
砂糖…ふたつまみ

トマト…2個
しめじ…小1袋
オリーブオイル…適宜
無塩バター…10g
にんにく…1かけ
玉ねぎ…1/4個
セロリ…茎15cm程度
にんじん…30g
塩…少々
白ワイン…100ml
固形チキンスープの素…1個
水…50〜100ml
ローリエ…1枚
塩こしょう…適宜


【作り方】
1. 前日に鶏を下味に漬け込む。手羽元の骨に添って、2カ所程度、包丁で切り込みを入れ、下味の材料をよくすりこむ。冷蔵庫でひと晩寝かせる。
2. トマトは湯むきして、横半分に切り、種の部分を取り除き、サイコロ状に刻む。種の分はざるなどで漉して、汁はとっておく。
3.にんにく、玉ねぎ、にんじん、セロリは細かくみじん切りに。
4. 厚手の鍋にオリーブオイルを熱し、3を入れて弱火でじっくりと炒める。塩ふたつまみ程度とバターも加え、量が最初の半分から1/3程度になるまでよく炒める。
5.手羽元をフライパンで焼き色が付く程度焼く。
6.4.に5.を加え、白ワインを加えて蓋をして弱火で約5分、蒸し焼きに。
7.6.にトマト、トマトの汁、スープの素、水、ローリエを加え、蓋をして15〜20程度弱火で煮込む。残り5分くらいのタイミングで根元を落としたしめじを加えて軽く煮込む。
8.蓋を取り、味をみて水っぽいようであれば、蓋を取ったままそのまま煮詰め、濃いようであれば水を少し足す。塩で味を整える。
9.お皿に盛りつけ、パセリ、粉チーズ、黒胡椒を挽いてどうぞ。
※ごはんを添えて食べてもおいしいです。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
by mrs-jasmine2 | 2015-03-18 12:14 | イタリアン*主菜*
        
<< #842 タコライス #840 水菜のちくわと車麩の煮浸し >>