カテゴリ:和食*主菜*( 143 )
        
#822 薬味が効いたささみの竜田揚げ oishii
お弁当のおかず用に…と買っていた鶏のささみ。

a0122758_22433877.jpg

もう耳にたこができるくらい、こちらでも言い続けておりますが(笑)、ささみといえば、高たんぱく低カロリー。そしてなんといってもお財布にもやさしい♪
なんて素晴らしい食材なのでしょう♡

しかしながらその安さゆえか安っぽいとか、ぱさぱさ食感があまり…なんて評価が低くもあり残念!
個人的には、ささみも胸肉も好きなんだけどなぁ~。^^;

なんとかささみを主役級に昇格させようと、これまでも紫蘇チーズで挟んでソテーにしてみたり、はたまたフライにしてみたりといろいろためしてきたのですが、ひとつ法則を発見しまして…。


やはり揚げ物は強い!

フライにしてもから揚げにしても。
ひとたび揚げるとボリュームもアップしておいしいよね~♪なんてことに気づきました。^^

紫蘇チーズフライもおいしいのですが、これではワンパターンだし。
ここまでガッツリせずとも、おいしくいただける粋な一品はないものかねと思いあぐねいたところ、竜田揚げどうよ!と思いついたのでした。

前日の晩から、下味に漬け込んだささみを翌日の朝に揚げて、薬味をふりかけていただきます。
この薬味がやっぱり最大のポイント。

今回は、山椒と黒七味で楽しみました。
これ、ほんとおいしくって、すっかり気に入ってしまいました。
久しぶりに“小料理じゃすみん”開店です。(笑)

お弁当のおかず用にと、急きょ考えて作ったものですが、晩ごはんのおかずにも、そしてやはりなんといってもお酒のアテにぴったりなんじゃないかな~と思っています。^^

冷めてもおいしかったので、お弁当おかずとしてはもちろんラインナップに追加です♪

ジャスミン。


a0122758_2244030.jpg

☆レシピ☆
【材料】2人分
ささみ…7,8本
●下味
みりん…大さじ2
酒…大さじ1
醤油…大さじ2.1/2
生姜絞り汁…小さじ2
にんにく(すりおろし)…1/2かけ程度 ※チューブのものを使用すると便利
片栗粉…大さじ1

●ころも
片栗粉…大さじ3
薄力粉…大さじ1
ベーキングパウダー(あれば)…小さじ1 

お好みの薬味…山椒、黒七味、七味など、花椒など


【作り方】
1.ささみはすじを取り除き、包丁で数か所、たてに浅く切り込みを入れておく。下味の材料をすべて合わせ厚手のビニル袋に入れ、ささみも加えてよくもみこむ。冷蔵庫でひと晩寝かせる。
2.ころもの材料をすべて合わせてよく混ぜておく。ささみの余分な水分をペーパーでていねいにふき取り、ころもを全体にまぶして、170℃くらいの中温できつね色になる程度に揚げる。
3.お好みで、薬味、レモンなどでどうぞ。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




by mrs-jasmine2 | 2014-03-10 07:30 | 和食*主菜* | Comments(0)
        
#820 するめいかと豆苗の柚子胡椒炒め
柚子胡椒が効いた、ちょっと大人の炒めもの。

a0122758_025364.jpg

するめいかと豆苗をささっと炒めた、手軽に作れる一品です。
ちょっと前からこの柚子胡椒炒めに凝っていて、柚子胡椒を醤油で伸ばしたもので味付けをします。
ポイントはバターで炒めていること。
醤油とバターの相性のよさは、すでにご存知の通りですが、柚子胡椒ともよく合う!
バターの風味とコクが加わるだけで、味に奥行きが出るのがいいなって思います。^^

柚子胡椒のピリリ加減が、淡白ないかを引き立ててくれるし、
豆苗の苦みともよく合っているのです。

これがあると、ついつい日本酒~♪って気分になる!
とはいえ、ここ1年くらい禁酒の身…。^^;
あんなにのん兵衛だったわたしが、お酒を飲まなくなってしまったのは、
少し寂しいような気もするのですが、最近では飲まなくても全然平気です。(笑)
人間の適応能力とは、ほんとに凄いものだなぁ…と、我がことながら妙に感心してみたり…。
でも、お酒にぴったり~♡ってものを食べると、やっぱり「あぁ、これには○○が合うよね…」なんて、
ついつい飲みたい気分にはなってしまうのですけどね…。^^;

ジャスミン。


☆レシピ☆
【材料】2人分
するめいか…1杯
豆苗…1/2袋
EVオリーブオイル…適量

バター…10g程度
醤油…小さじ1
柚子胡椒…小さじ1
塩こしょう…適量


【作り方】
1.するめいかは下処理をして胴体の部分を使う。(ゲソを他の時に使うか、またはゲソを入れても可)1cm幅程度の輪切りにする。豆苗は根元を落として、3,4cm幅程度に切る。
2.フライパンにEVオリーブオイルを熱し、するめいかと豆苗を炒める。軽く塩こしょうをする。
3.醤油で伸ばした柚子胡椒を加え、最後にバターを加えてできあがり。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




by mrs-jasmine2 | 2014-03-04 00:25 | 和食*主菜* | Comments(0)
        
#816 生姜焼き風れんこんバーグ oishii
大好きなれんこんの輪切りをハンバーグの表面に張り付けて焼いたれんこんバーグ。

a0122758_1225286.jpg

生姜焼きを彷彿とさせる味わいのタレをしっかり絡めたらそれはもう、ごはんが進むのは間違いなしってなもんです。^^


実は、先日作った記憶に新しい「レンコンバーグ 梅マヨソース」。

ハンバーグが多めにできたので、お弁当に使えるかな?と、焼かずに冷凍をしておいたのです。
お弁当では、梅マヨソースはちょっと合わないかなと思って、急きょ思いつきで、生姜焼き風の味付けにしてみたところ、ちょうどお昼頃に夫から「今日の蓮根のやつおいしい♪」というメールが届いたのです。(この日は夫のみお弁当)

夫からは、お弁当に関するこんなメールが時々あるのですが、それはかなりのヒットの時なので、わたしとしても「あ、こういうのがいいのね」と、今後の参考になってます。(笑)
さすがに、結婚7年目ともなると、そうそうヒットも飛ばせなくなってきますので…、^^;
今回のメールはけっこう久しぶり!

そうかそうか、そんなにおいしかったか~と今回、晩ごはんのメインのおかずに昇格させました。
お弁当からの異例の昇格です。(笑)

生姜焼き風ということで、生姜焼きといえばやっぱり豚肉でしょ!と、たねは100%豚ミンチ。
しっかりとした歯ごたえに、れんこんのシャキシャキ食感も相まって、とっても美味です。

冷凍保存ができるというのが、とてもポイント高いと思うので、ぜひ多めに作って、お弁当や時間のない時の晩ごはん時にさっと作ってお役立てください。^^


ジャスミン。


a0122758_12254533.jpg

☆レシピ☆
【材料】2人分
豚ミンチ…200g
卵…1個(卵黄のみでも。しっかりめのたねになります)
塩麹…小さじ2
片栗粉…大さじ1
胡椒…適量
万能ねぎ(小口切り)…2,3本

れんこん…100g~
片栗粉…適量

●合わせだれ
酒…大さじ2
みりん…大さじ2
醤油…大さじ2
はちみつ…大さじ1
生姜(すりおろし)…1かけ分~


【作り方】
1.れんこんは5mm幅の輪切りにして酢水にさらす。
2.ボウルに豚ミンチ、塩、溶きほぐした卵、小口切りの万能ねぎを加え、よく混ぜる。最後に片栗粉も加えてさらに混ぜる。
3.輪切りのレンコンの水分をペーパーでふき取り、片面に片栗粉を付けて、2.のたねをのせる。レンコンの形に合わせて整える。
4.合わせだれの材料をすべて合わせてよく混ぜておく。
5.フライパンに油を熱し、3.を焼く。両面にこんがりときつね色の焼き色が付いたら、弱火にして蓋をして蒸し焼きにする。
6.5.に合わせだれを加え煮詰めるように少し煮込む。



過去にはこんなれんこんバーグがありました!

#801 レンコンバーグ 梅マヨソース →  
梅とマヨの相性が最高~。

#358 れんこんつくねのピリ辛照り焼き →  
定番の照り焼きだれに唐辛子のピリ辛加減がクセになる~。

#543 れんこんハンバーグ → 
元祖って感じ~♪


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




by mrs-jasmine2 | 2014-02-22 12:25 | 和食*主菜* | Comments(6)
        
#811 こっくりうまうま♪手羽先の黒酢煮
手羽先が続きますが…。
(最近、手羽先をほんとよく食べているのです。コラーゲン、コラーゲン、コラーゲン♪)

a0122758_16521377.jpg

黒酢煮という名前ではありますが、黒酢の量はそれほど多くないので、お酢っぽさというよりも、醤油のこっくりとした感じに黒酢効果でさらにコクがプラスされたような味わいです。
とにかく、白いごはんが進むこと間違いなし!な一品です。^^

お行儀悪いけど、手羽先はむしゃぶりつく感じがよいなと思うのですが、やはり食べにくい…と思われる方も多いのではないでしょうか。
これはねぎと生姜とと一緒に1時間ほど、ことこと煮ているので、とってもやわらかくなり、驚くほどにほろっと骨から身を外すことができます。あと、間接のところで切り落としているので、あの“くの字”型に比べると、うーんと食べやすくなります。
でもやっぱり“くの字”はくの字で捨てがたくもありますが…。^^;

仕事のある平日はなるべく30分程度で作れるものをめざしていることもあり、1時間の下茹でというのはそれだけで敬遠したくなるような気もするのですが、火にかけて“放置”すればいいだけなので、意外と負担にならないことに気づきました。

これまで、いかに時間をかけずにということを意識してきた平日の晩ごはんですが、それよりも「気分的に負担にならない」これがなによりだとしみじみ実感するように。

たとえば、今日のレシピだと調理時間は1時間半かかります。
1時間半と聞くだけでパスしたくもなりますが、鍋を火にかける1時間というのは、かけてしばえば“自由な時間”!
帰宅後、なにがなんでも30分以内に食事をしなければならないような状況であれば別ですが、たとえば旦那さんが帰ってくるまであと2時間くらいあるのでその頃にごはんが仕上がればいいというのであれば、自由な時間の間に、明日のごはんの下準備をするもよし、他のおかずを作るもよし、お風呂を洗うもよし、洗濯物をたたんだり、アイロンかけたり、ちょっと掃除をしてみたり。家事なんていくらでもやることありますからね。

はたまたテレビを観たり、カフェタイムにしてのんびり休憩の時間にしたり、読書やネットの時間にしてみたり、エクササイズをしてみたり!?と、趣味の時間に使うのもとっても有効だなって思うのです。
お子さまとの時間を過ごすのにもよいですよね。^^

そう考えると、物理的な時間だけでは推し量れないなぁと思うのです。

そんなこともあり、以前にも増して、負担にならないという意味での日々の料理の工夫を試行錯誤しています。

決して手抜きをするわけではなく、疲れて帰ってきても負担にならないと思える範囲で、楽しく料理ができて、かつカラダ思いのおいしいごはん。
これがなによりだな~って思う今日この頃です。

これって、なかなかハードルの高いことではありますが、多くの人が求めていることでもあると思うので(なによりわたし自身が一番求めてます。笑)、今後もそんなレシピの数々をお届けできればな…と思っています。

というわけで、今日もジャスミンの研究は続くのだ!

ジャスミン。


a0122758_16505182.jpg

☆レシピ☆2人分
手羽先…10本程度
しょうが…20g程度
ねぎの青い部分…適量

●煮汁
にんにく…1かけ
黒酢…大さじ1
砂糖…大さじ2
みりん…大さじ1
酒…大さじ1
醤油…大さじ3

白髪ねぎ…適量
練りからし…お好みで適量


【作り方】
1.手羽先は間接のところで切り落とし、水で洗う。鍋にたっぷりの水を入れて、手羽先と生姜(薄切りにする)、ねぎの青い部分を入れて火にかける。沸騰したら弱火にして約1時間茹でる。途中あくをすくう。
2.1時間たったらざるでこして、手羽先を取りだす。(スープも鶏ガラスープとして使えるのでぜひご活用ください)
3.にんにくは皮をむいて包丁の背で潰し、手羽先と煮汁の材料をすべて鍋に入れて中火にかける。
沸騰したら、アルミホイルで鍋よりひとまわり小さいくらいの落とし蓋を作り(数カ所穴を開けておく)肉の上にのせ、さらに蓋をして、弱火で約15分煮込む。途中で何度か裏表を返す。
4.15分経ったら、落とし蓋と蓋をとり、さらに5分程度煮込む。両面を何度か返す。煮汁がとろっとしてきたくらいで出来上がり。
5.白髪ねぎと練りからしをお好みでどうぞ。
※今回のメニューでは、落とし蓋は、このアルミホイルで作るのがおすすめです。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




by mrs-jasmine2 | 2014-02-11 18:00 | 和食*主菜* | Comments(6)
        
#810 手羽先の唐揚げレモン漬け oishii
手羽先のからあげってテンション上がりますよね。^^

a0122758_21115164.jpg

手羽からといえば名古屋風の甘辛味を思い浮かべますが、今回はレモン醤油で爽やかに♪
塩麹にひと晩漬け込んだこともあり、下味もしっかりしています。

実は今回、こちらのからあげはEVオリーブオイルで揚げています。
オリーブオイルで揚げものって、かなり贅沢な気がして最初はかなりためらわれたのですが(正直もったいなさすぎて、最初の1回目に踏み切るまでにかなり勇気がいったのは事実。笑)、量は少なめ(必要最低限。再び笑)にして揚げ焼きのような感じにしています。

これはあくまで個人の感想なのですが、オリーブオイルの揚げ物って、なんだか香ばしいというか、とてもカラっと揚がるような気がします。

そして揚げ物を健康的にいただけるのって、とってもうれしいなって思います。
手羽先を揚げる前に、ごぼうやれんこん、にんじんなどの根菜類を素揚げにするといいですよ。
オリーブオイルのいい香り漂う、こんがりヘルシーなベジチップスが楽しめます♪
素材のうまみ、甘みがオリーブオイルで引き立てられて、ほーんとおいしいのです!

そうそう、コラーゲンを意識して?か、
最近、手羽先を食べる確率が、グ、グーンと上がってるジャスミンです。(笑)
さて、効果のほどは…。

ジャスミン。


a0122758_21153071.jpg

☆レシピ☆
【材料】2人分
手羽先…10本程度
塩麹…大さじ2
黒こしょう…適量
片栗粉…適量

EVオリーブオイル…適量

●漬けだれ
砂糖…大さじ4
醤油…大さじ2
水…大さじ1
レモン汁…1/2個分

紫蘇…5,6枚


【作り方】
●下準備(前日の晩)
手羽先は骨に添って包丁で切りこみを入れ、厚手のビニル袋に手羽先と塩麹を入れる。塩麹を手羽先によくもみこんで、冷蔵庫で一晩寝かせる。
1.漬けだれの材料、砂糖、醤油、水を小鍋に入れて火にかける。沸騰直前で火からおろす。粗熱が取れたらレモン汁と細かく刻んだ紫蘇を加える。
2.手羽先の塩麹と水分をペーパーで拭き取り、黒胡椒を挽く。片栗粉をまぶし、オリーブオイル中温で揚げる。
3.2の上から1.のたれをかけてできあがり。漬けだれは多めに作っておいて、揚げたてをたれに漬け込んでも美味。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




by mrs-jasmine2 | 2014-02-07 21:27 | 和食*主菜* | Comments(4)
        
#807 甘辛牛肉の薬味炒め
数週間前から夫が「焼肉食べたい、焼肉食べたい!」と騒いでます。(笑)
なかなかタイミングが合わず行くことができないので、せめてお家で焼肉気分…。^^;

a0122758_22295481.jpg

牛こま切れと白ねぎ、三つ葉、みょうがや紫蘇などたーっぷりの薬味と一緒に炒めました。
味付けはごま油やすりおろしにんにくが効いた甘辛味♡
これはごはんが進みますね~♪ってことで、久しぶりに白いごはんを食べてしまいました!
おいしかった。^^
(晩ごはんは、夫婦そろって炭水化物を抜いていておかずのみなのです)

通常の焼肉のおいしさの決め手は、やはりなんといってもお肉の質!
しかし、家庭でいただくならば、お買い得なこま切れ肉でも、ちょっとの工夫でおいしくいただけます。
たっぷり加えた薬味野菜の、シャキシャキ食感も美味です。^^

お好みで千切り生姜を加えて一緒に炒めても。
生姜のつーんとした感じで、ひと味違った味わいになります。


ジャスミン。


☆レシピ☆
【材料】2人分
牛薄切り肉またはこま切れ…200g
●下味
砂糖…小さじ1
醤油…小さじ1
ごま油…小さじ1
すりおろしにんにく…1かけ分

白ねぎ…1/2本
三つ葉…1/2束
みょうが…1~2個
紫蘇…5,6枚
刻みねぎ…適量
白ごま…適量
※薬味野菜はお好みのものを

酒…大さじ1
醤油…大さじ1
砂糖…大さじ1/2

ごま油…適量


【作り方】
1.牛肉を細長く刻み、下味の材料をよくもみこんでしばらくおく。
2.白ねぎ、みょうがなどの薬味野菜を千切りまたは細く切る。三つ葉は葉の部分を摘み、茎は3,4cm長さに切る。
3.フライパンにごま油を熱し、牛肉を炒める。色が変わったら、薬味野菜を加えて炒める。(紫蘇、刻みねぎ、三つ葉の葉の部分は取っておいて最後にトッピング)
4.火が通ったら、酒、砂糖、醤油を回しいれ手早く炒め、仕上げにごま油を少し回しかける。
5.お皿に盛りつけ、薬味野菜と白ごまをトッピングしてできあがり。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2014-01-31 22:30 | 和食*主菜* | Comments(1)
        
#803 ささみと長芋の磯辺焼き oishii
3連休も終わってしまえば、あっという間ですね!
この連休はいつになく、とことん料理に取り組めて大満足でした。^^

a0122758_2144235.jpg

連休最後の今日は夫が晩ごはんいらないデーなので、冷蔵庫にあるものでひとりごはん。

明日からの1週間に向けて、お惣菜の作り置きをたんまりと仕込んでいたので副菜には困らず。
さてメインを何にしようかなと思いながら冷蔵庫を物色していると、
そろそろ使ってしまわなければならない長芋を発見!
ささみと一緒にフライパンで焼きました。

味付けはみりん醤油で、最後にのりをトッピング。
まるで磯辺焼きを彷彿とさせる味わいだったので、ささみと長芋の磯辺焼きと名付けました♪

ささみは片栗粉をまぶしているので、たれがよく絡み、とろりん食感でとってもおいしかった。
思い付きで作ったにしては、なかなかの完成度で個人的には今年の初ヒット。(笑)

日々のごはんのメインとしてもおすすめですが、
その味わいがなんだか居酒屋気分にさせてくれることもあり、
これは人が集まる時の、おうち居酒屋の日のメニューにもってこいではないかな~と。^^


☆レシピ☆
【材料】1人分
ささみ…2本
●下味
酒…小さじ2
塩…ひとつまみ
片栗粉…小さじ1

長芋…100g
焼き海苔…四つ切を1/2枚程度


ごま油…適量
醤油…大さじ1
みりん…大さじ1
砂糖…小さじ1


【作り方】
1.ささみは筋を取ってそぎ切りにし、下味の材料をよくもみこんでおく。
2.長芋は皮をむいて、長さ5,6cm程度の棒切りに。
3.フライパンにごま油を熱し、ささみを炒める。表面がきつね色になったら、長芋も加え手早く炒める。醤油、みりん、砂糖を回しいれ、少し煮つめて全体を絡める。
4.仕上げに焼きのりをちぎってトッピングしてどうぞ。


+++++++
a0122758_21452569.jpg

連休初日の土曜日は、毎週恒例の買い出しデー。
新鮮な魚介類が手に入ったので、ブイヤベースのような、アクアパッツァのような、
というか、魚貝のトマトシチューイタリア風?みたいなものを作りました。

イタリアンのいいとこどり、みたいな一品で、
思いつくまま気まぐれに仕上げていったのですが、すっごくおいしかったです♪

ビジュアルはお世辞にも決して美しいとは言えなかったのですが…^^;
味わいは抜群!

これぞ家庭料理の醍醐味!みたいなものですね。
いや、漁師料理っぽい?
こういうその日の気分で仕上げていくような、おそらく同じ味わいは二度と作れないであろう、
そんなお料理も大好きです。^^

料理三昧の休日って、やっぱりいいな。

ジャスミン。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2014-01-13 21:57 | 和食*主菜* | Comments(4)
        
#801 レンコンバーグ 梅マヨソース
大好きなレンコンバーク。
ミンチとレンコンがあれば作ることができるお手軽なハンバーグです。

a0122758_21365426.jpg

レンコンの輪切りを片面にくっつけて焼くと、見た目もなんだかいい感じ。^^

ミンチは鶏ミンチで作ることが多いのですが、今回は豚ミンチにしてみました。
鶏とれんこんはすごく相性がよくって、あっさりおいしい和風バーグが楽しめます。
大根おろしとポン酢があればもう格別!

今回は豚ミンチなので、ちょっとパンチを効かせてみたくてマヨネーズベースに。
でもやっぱり、どこか和の要素を取り入れたくって(笑)、たたいた梅肉とマヨを合わせた梅マヨソースにしてみました。
刻んだねぎと紫蘇もアクセントになっています。

マヨネーズと梅って意外ながらも相性抜群なのです♪
豚ミンチはジューシーなので、ドレッシングなしのサラダもたっぷり添えました。
レタスとキャベツを千切りにしてスプラウトも加えてシャキシャキ感を。
レンコンバーグと梅マヨソース、そして千切り野菜を一緒に頬張るのが気に入ってます。^^


+++++++
a0122758_21371543.jpg

今日は1月7日なので、晩ごはんには七草粥をいただきました。
昨日届けてもらった週1回の八百屋さん便に、七草粥セットなるものが入っていたのでちょうどよかったです。

昔の人は食事にいろんな願いや思いを込めていただいていたのですね。
改めて日々の食生活を大切にしていきたいなと思った次第です。

ジャスミン。


☆レシピ☆
【材料】2人分
レンコン…100g程度
豚ミンチ…200g
塩…ふたつまみ程度
味噌…小さじ2
卵…1個
片栗粉…大さじ1

●梅マヨソース
梅干し…3個
マヨネーズ…大さじ3
万能ねぎ…1本
紫蘇…5枚
醤油…小さじ1/2


【作り方】
1.レンコンは5mm幅の輪切りにする10枚程度切ったら、残りは粗みじん切りにして酢水にさらす。
2.ボウルに豚ミンチ、塩、味噌、溶きほぐした卵、水気を切った刻んだレンコンを加え、よく混ぜる。最後に片栗粉も加えてさらに混ぜる。
3.輪切りのレンコンの水分をペーパーでふき取り、片面に片栗粉を付けて、2.のたねをのせる。レンコンの形に合わせて整える。
4.梅マヨソースを作る。梅干しは種を除いて、包丁で実をたたく。マヨネーズ、小口切りにした万能ねぎ、みじん切りにした紫蘇を加えてよく混ぜる、醤油も加える。
5.フライパンに油を熱し、3.を焼く。中まで火が通るように蓋をして蒸し焼きにする。両面にこんがりと焼き色が付けばOK。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2014-01-07 21:37 | 和食*主菜* | Comments(2)
        
#799 豚ばら肉と大豆のトマト煮込み oishii
トマト系の煮込み料理をする際、缶詰のトマトの水煮を使うことはほとんどなくって、だいたいフレッシュなトマトを使います。

a0122758_735967.jpg

これはわたしの好みの問題で、濃いめよりもさらりとあっさりめの味わいが好み…というところが大きいのです。
ところが、寒い季節になってくると、濃く深い味わいを本能的に求めるようで、こういったメニューの時に、自然と缶詰のトマトを選んでいるわたしがいて、面白いものだなぁと思います。

豚ばら肉と大豆を一緒に煮込んだトマト煮込み。

煮込み料理とはいっても、煮込み時間は10分程度でOK。
一見、手が込んでいそうですが、そして長時間煮込んでいそうなのですが、大豆は缶詰の水煮を使うことで、時間短縮になり、まさに玄関開けたら30分でごはん!が可能です。^^
平日にこの手軽さは、うれしいものです♪

a0122758_735341.jpg

洋風メニューに見えるのですが、味付けは醤油とみりんはベースの和風!
しかしながら、味わいは和風和風していなくって、どこか洋風の趣なのは不思議なところです。
トマトと醤油の相性ってとてもいいんですよね。
ぴったりハマるから、違和感がないのかも。

トマトも大豆も缶詰のストックがあれば、豚ばら肉だけ買って帰ればすぐに作ることができます。
豚ばら肉は薄切り肉よりはかたまり肉がおすすめ。
我が家行きつけのスーパーには、焼肉用のばら肉なんて便利なものが手に入るのですが、厚さ7,8mm程度のもので、このメニューにはまさにうってつけなんです。^^

ジャスミン。



a0122758_7352362.jpg

☆レシピ☆
【材料】2~4人分
豚ばら肉(ブロック)…300~400g程度
大豆水煮(缶詰)…100g
トマト水煮(缶詰)…1カップ

砂糖…小さじ2
醤油…大さじ2
みりん…大さじ2.2/1
酒…大さじ1
水…大さじ1

EVオリーブオイル…適量


【作り方】
1.豚ばら肉は厚さ7,8mm~1cm幅程度に切る。
2.フライパンにEVオリーブオイルを熱し、豚肉を炒める。表面がカリッと焼き色が付いたら、トマトの水煮、大豆、調味料をすべて加えて蓋をして弱火で約10分煮込む。
3.10分経ったら、蓋を取り、5分程度煮込んでできあがり。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-12-23 07:35 | 和食*主菜* | Comments(0)
        
#797 牛肉とアスパラとじゃがいもの炒め物
アスパラと牛肉で炒め物。

a0122758_2345063.jpg

と思ったら、なんだかちょっと淋しいかも…と思い、冷蔵庫などをごそごそ。
残っている食材チェックで、これに合いそうな“なにか”がないかな…と。

ふと目に留まったじゃがいも。
これよさそう!と加えてみたら、ボリュームもアップして予想通りおいしくなりました。^^

醤油ベースの味付けに、にんにくとごま油の香り。
牛肉とアスパラはもちろん、じゃがいもも合わないわけがないですよね♪

千切りでは弱いし、ひと口大では持て余しそうだし…で、迷ったじゃがいもは、
じゃがいもは食感を残したいので、やや太さのある細切りに。
アスパラは斜めにやや薄切りにしたのですが、これはちょっと珍しいかもしれませんね。
アスパラというと、長さ3,4cmくらいのところで切っていきたくなるのですが、それをあえて斜めに。一瞬、見た目もアスパラらしくないし、食べると食感が変わるので、さらにアスパラとはわかりにくいかも。
しかしながら、牛肉やじゃがいもと一体感が生まれ、とても食べやすくバランスよくなるのです。

素材の切り方ひとつで、ずいぶん印象が変わってくるのですから、料理ってほんと奥が深いですね。そして、まだまだいろんな可能性かあるな、って改めて思うのです。そしてお料理ってやっぱり楽しいし好きだな~♡なんてことも。^^

しっかりとした味付けなので、お弁当のおかずにもおすすめです。

ジャスミン。



☆レシピ☆
【材料】2人分
牛薄切り肉(切り落としなど)…100g
●下味
にんにく…(すりおろし)1かけ分
ごま油…小さじ1
酒…小さじ1
砂糖…小さじ1
塩…ひとつまみ程度
胡椒…適量

アスパラ…3,4本
じゃがいも…(中)1個

●合わせ調味料
砂糖…大さじ1
醤油…大さじ1.1/2

ごま油…適量
黒炒りごま…適量 ※白ごまでも可


【作り方】
1.牛肉は細かく刻み、下味の材料をよくもみこんでおく。アスパラは根元4,5cmくらいの皮(筋)をむいて、斜め細切りに。じゃがいもは皮をむいて、長さ4,5cm1cm幅程度の細切りにして水にさらしておく。
2.フライパンにごま油を熱し、牛肉を炒める。色が変わったら、アスパラじゃがいもを加え、中火から強火で炒める。
3.2.に合わせ調味料を加えて、しばらく炒めできあがり。黒炒りごまをかけてどうぞ。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-12-17 07:00 | 和食*主菜* | Comments(0)