カテゴリ:イタリアン*副菜*( 37 )
        
#837 柿のマリネサラダ
a0122758_1993121.jpg

ブログを始めて7年になりますが、今年はなかなか更新ができない一年となってしまいました…。
なーんて「今年も…」と、この一年を振り返るような季節がもうやって来るのですねぇ。まだ年末は早いかな?と思うものの、来週はもう11月。今年もあと2か月・・・。おそろし!!(苦笑)

そんななか、FBのジャスミンページに、ある方からメッセージをいただきまして、わたしが以前にELLE ONLINEブログで紹介をした、この柿のマリネサラダを気に入ってくださっているとのことで、今年も柿の季節に作ろうと探してみたけど見つからない…とのことでした。

ごめんなさい…。
そうなんです、ELLEの連載が終わってしまって、すべての記事が消えてしまったんですねぇ…。(涙)

幸い、このレシピは記録として残していたので、今回ご紹介をさせていただきたいと思います。

これまでもこのようなメッセージをいただくことがあって。
FBページもなかなか更新ができずに気がかりではあったものの、もうすぐ「700いいね!」にも到達しそうで。
そして今回のようにメッセージをいただけたりなんかすると、見て下さっている方がいるんだなぁ、わたしのレシピを気に入ってくださっている方がいるんだなぁと、もう本当にうれしいったらないのです。^^

そんな方がおひとりでもいらっしゃる限り、やっぱり頻繁に更新をできなくとも、続けていきたいな…なんて思う次第です。

日々の生活に追われながらも、毎日(一応ちゃんと?)ごはんは作っているわけで。
時間に余裕がある時のお料理とは内容はずいぶん違ったものではありますが、それも含めてわたしの日々のおうちごはん。
いろんなライフスタイルに合わせて変化は当然あるもので。
そう思うと、その時々のわたしのお料理というものをお届けしていきたいな…なんて思うのです。
そして改めてどんな状況であれ、わたしはやっぱりお料理が好きなのです♡

ブログはなかなか更新できずにいますが、Instagramはぼちぼちアップしていますので、Igをされている方はそちらにも遊びに来ていただけましたら幸いです。

Instagram ID → mrs_jasmine0614

最近、簡単レシピも公開をはじめました。^^
本当に簡単レシピですが、ある意味“使える”レシピです♪

ではでは前置きが長くなってしまったので本題!

*******
a0122758_199488.jpg

秋の果物として、わたしが一番身近に感じる柿を使ったマリネサラダのご紹介です。
フルーツとして楽しむだけでなく、ちょっとした前菜として、お料理として楽しむっていうのもいいですよね♪

アレンジとして、生ハムメロンならぬ、生ハム柿も絶品。
細かく切って、サラダにトッピングするのもよし。
なんてことはないシンプルなサラダが、季節感をプラスした粋なサラダに即変身です。^^

ジャスミン。


☆レシピ☆

【材料】
柿…1個
塩…適量
黒胡椒…適量
 
●マリネ液
EVオリーブオイル…大さじ1程度
レモン汁…1/8個分
白ワインビネガー…小さじ1
はちみつ…小さじ1~
ディル…適量


【作り方】
柿は16等分のくし型に切り、容器に入れて塩胡椒をして、マリネ液の材料を順番にかけては和えてを繰り返し、加えていく。冷蔵庫でしばらく寝かせる


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




by mrs-jasmine2 | 2014-10-28 19:10 | イタリアン*副菜* | Comments(2)
        
#836 タコのカルパッチョ トマトのジュレ添え oishii
先日ご紹介した「万能!トマトのジュレ」ですが、作るときにちょっと多めにまとめて仕込んでおくと、アレンジができていろいろ楽しめます。
a0122758_18265858.jpg


前回の記事で、このトマトのジュレを使って、カルパッチョを作るとおいしい!と書いたのですが、今回はその一例として、たこのカルパッチョのレシピをご紹介したいと思います。

カルパッチョは、トマトのジュレ抜きでも美味ですが、せっかくですので、トマトのジュレと一緒にお楽しみいただきたいです。^^
たこ以外でも、季節の魚であれこれためしてみてください。
基本的には帆立や白身のお魚がいいかな~と思いますが、アジやサバでもためしてみたいなと思っています♪

a0122758_18271643.jpg

ドレッシングの材料にメープルシロップがあるので、びっくりされる方がいるかもしれませんね。
実はこのメープルの甘みがとってもポイント!
ほんの少量ですが、これがあるのとないのとでは、仕上がりの雰囲気変わってきますよ~。


ジャスミン。

a0122758_18272618.jpg

*レシピ*
【材料】2人分
生ダコ(刺身用)…100g程度
ミニトマト…1、2個程度 
タイム、イタリアンパセリなどのお好みのハーブ…適宜、 
トマトのジュレ…適宜

●ドレッシング
塩…適宜、
黒こしょう…適宜
EVオリーブオイル…小さじ1.1/2、 
白ワインビネガー…小さじ1弱
メープルシロップ(または、はちみつ)…小さじ1/2
レモン汁…1/8個分

●仕上げ用
黒こしょう…適宜
レモン…1/8個


【作り方】
1.生ダコは薄くスライスしてお皿に並べる。ミニトマトは4等分に切って、散らす。ハーブも散らす。
2.ドレッシングの調味料を上記に書かれている順番に生ダコの上から回しかけていく。
※必ず順番通りに1種類ずつかけていくのがポイント。
3.トマトのジュレをまんべんなくのせて、仕上げに黒こしょうをきつめに挽いて、食べるときにレモンを絞っていただく。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




by mrs-jasmine2 | 2014-09-25 18:27 | イタリアン*副菜* | Comments(4)
        
#831 赤いんげん豆とツナのデリ風 oishii
a0122758_1893488.jpg

以前、とてもお料理上手な方のお宅でいただいた一品があまりにもおいしくって、一口食べた瞬間に感激のあまりノックアウト!
レシピ教えてください!とお願いしたところ、ご丁寧に教えていただいた思い出のメニューなんです。
それを少しわたし流にアレンジしたのがこちら。

レッドキドニービーンズとツナをハーブと一緒にトマトで煮込み、白ワインとバルサミコ酢で大人っぽく味付けしました。
はちみつのまろやかさと酸味が相まって、あとを引くおいしさ♪

色合いもいいので、これからの季節はホームパーティなどで大活躍間違いなしです。
ちょっとデリっぽい感じもいいですよね。^^
ワインにもぴったりで、バケットやチーズと一緒にいただくのもよさそう。

最近、以前にも増して豆類に夢中。^^
実は子どもの頃は、豆類がいっさいダメで、納豆以外の豆という豆はまったく口にしなかったのが、ほんと嘘のようです。
なかでも寒い季節には、今回のようなレッドキドニービーンズや、白いんげん豆を煮込んだ一品をいただくだけで幸せな気分になります♪
春になって暖かくなってきたら、こんなデリ風サラダもいいですね。温かいのもおいしいし、冷やしても美味。

まとめて作れば冷蔵庫で1週間程保存も可能です。

ジャスミン。


☆レシピ☆
【材料】作りやすい分量
レッドキドニービーンズ水煮(缶詰などでも可)…200~300g
ツナ缶…1缶(内容量150g程度のもの)
トマト…2,3個(450g程度)
玉ねぎ…大1/2個
はちみつ…大さじ1~2
バルサミコ酢…50ml
白ワイン…50ml
塩こしょう…適量
ローズマリー…1,2枝


【作り方】
1.トマトはヘタを取り、湯むきして横半分に切り、種の部分をていねいに取り除く。種の部分はざるなどでこして果汁は取っておく。実をサイコロ状に刻む。玉ねぎは薄切りにする。
2.厚手の鍋にオリーブオイル(分量外)を熱し、玉ねぎを薄くきつね色ろ色付く程度まで約10分程度炒める。
3.2.に水気を切ったレッドキドニービーンズ、トマトの実と果汁、白ワイン、はちみつ、ローズマリーを加え、中火で煮込む。沸騰してアルコール分が飛んだ頃、弱火にして蓋をして約5分程度煮込む。
4.3.に余分な水分を切ったツナ、バルサミコ酢を加えて大きく混ぜ、蓋を取って弱火で10分弱煮込む。味をみて、塩コショウで整える。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




by mrs-jasmine2 | 2014-04-07 19:00 | イタリアン*副菜* | Comments(8)
        
#829 そら豆とポテトの春巻き
「ピックアップブロガー」
のインタビュー内でも、そら豆のメニューをおすすめとして紹介しておりますが、わたし、大のそら豆好きなんです。^^
そしてこのメニュー、構想数年がかりの壮大プロジェクトだったりします。(笑)

a0122758_17384370.jpg

ポテトとそら豆の相性がとてもいいので、グラタンをよく作っていたのですが、この組み合わせで、春巻き作ったらおいしいかも♪というアイデアはありました。
でもずーっと、マッシュポテト&そら豆という組み合わせにとらわれていて、それを春巻きの皮で巻くのは、どうなんだろう…??と実現しないで来たのですが、ポテトを千切りにして軽く炒めることにしたら、とっても春巻き向きになりました!

さらにそら豆と好相性のチーズ、生ハムも加えて。隠し味にはベシャメルソースをほんの少し忍ばせます。クリーミーな味わいが美味なのはさることながら、つなぎ的役割を果たしてくれるところもポイント。
これは、おかずというよりはお酒のアテに最高です♪
よく冷えた白ワインなんて、とても合いそうだと思いませんか~?
お天気のいい日は、こういうアテをつまみつつ、お昼からお酒を楽しむというのも贅沢でいいですね☆
最近、すっかり暖かくなってきてご陽気モードのジャスミンです。(笑)
気持ちのよい季節になると、とたんにこういう一品がうれしくなりますね♡

ジャスミン。


a0122758_17385967.jpg

☆簡単レシピ☆
【材料】10本分
春巻きの皮…10枚
そら豆(実)…20個程度
新じゃが…中1個程度
ホワイトソース(市販のもので可)…適量
生ハム…4、5枚
ピザ用チーズやモッツァレラチーズなど…適量
塩こしょう…適量


【作り方】
1.そら豆はさやから出して、うす皮が付いたままで熱湯で約2分弱茹でる。茹で上がったら、ある程度粗熱が取れたら、薄皮から実を出し、縦半分に割る。新じゃがは、皮を向いて薄くスライスし、さらにそれを千切りにする。ボールにたっぷりの水を入れてさらす。水を2、3回替える。水がクリアになったらざらに上げて水気を切り、フライパンでオリーブオイルで軽くソテーする。少ししっかりめに塩こしょうをしておく。
2.春巻きの皮の真ん中よりも手前に、炒めたじゃがいも、そら豆、チーズ、生ハムをちぎって少し散らし、ホワイトソースをティースプーン1杯程度かける。端からきつめに巻いていき、巻き終わりを水溶き片栗粉でとめる。
3.中温で、軽くきつね色に色付く程度揚げる。お好みでオリーブオイル、ハーブソルト、黒胡椒を挽いてどうぞ。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




by mrs-jasmine2 | 2014-04-02 18:30 | イタリアン*副菜* | Comments(2)
        
#826 きのこのアヒージョとレンコンのソテー
前回の予告通り、きのこのオイル漬けを使ったアレンジメニューをご紹介します♪

a0122758_9492859.jpg

大好きなレンコンを使って。
アヒージョにすっかり影響されたか、タパス的な一品が作りたくなりました。
きのこのアヒージョとその時使ったアンチョビと一緒にレンコンをソテー。
うーん、ワインやらビールやら飲みたくなりますね~。(笑)

このオイル漬けのよいところは、きのこをフレッシュなまま、
オイルでじんわりと煮込んだので、オイルもお料理に使えるという点。
なんとも素晴らしいです。^^

ハーブやガーリックや、場合によっては唐辛子で、風味が豊かになっている点もポイント高いです♪
こちらのオイルをフライパンで温め、そこへアンチョビのフィレを投入。
弱火にじっくりかけたら、輪切りにしたレンコンを加えて炒めます。
おいしそうな焼き色が付いてきたら、きのこも加えてできあがり。

アンチョビの深い塩気で、お箸もお酒も進むこと間違いなしですね。^^


Jasmine*


☆レシピ☆
【材料】2人分
レンコン…100g程度
アンチョビフィレ…2.3枚
オイル漬けのオイル…大さじ1
オイル漬けのきのこ…大さじ2~3程度
お好みで、にんにく1かけ(みじん切り)


【作り方】
1.レンコンは皮をむき、5mm程度の輪切りにして、酢水にさらしておく。フライパンにオリーブオイルとアンチョビのフィレを入れて弱火にかける。(にんにくを入れる場合はここで入れる。アンチョビは細かく刻む必要はありません)
2.レンコン(水分はふきとって)を加えて、両面を焼き色が付く程度、じっくりと焼く。軽く塩胡椒。
3.きのこを加えできあがり。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




by mrs-jasmine2 | 2014-03-21 10:41 | イタリアン*副菜*
        
【ELLE ONLINE】牛蒡のオイルコンフィ
ELLE ONLINEブログ更新しています。

a0122758_217078.jpg究極シンプルにして、ある意味とても贅沢だなと思う調理法・オイルコンフィ。
牛蒡ってこんなにおいしかったの!
って、牛蒡の魅力を改めて堪能できる一品になりました♡














こちらからどうぞ♪ → 


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2014-01-15 21:13 | イタリアン*副菜* | Comments(2)
        
レシピ#770 無花果のサラダ
子どもの頃はちょっと苦手だったいちじく。
大人になってからそのおいしさに目ざめ、今では夏の終わりを待ち遠しく思うまでに。

a0122758_181355.jpg

だから“朝獲り”なんて、なによりも心くすぐる文字とともに、
かご盛りのいちじくが並ぶ光景を目にすると、
思わず手にとらずにはおれない、今日この頃です。^^

実は我が家には、いちじく好きがもう一名おりまして、
知らなかったのですが、どうやら夫もいちじく好きだった模様。

つい先日、仕事先で商店街を歩いていた時に、同じく“朝獲り”いちじくを発見したらしく、
買って帰ろうかとかなり悩んだのだとか…。(笑)
そんな話しを聞いたばかりということもあって、今回は迷わずかごに入れました。^^


いちじくが手に入ると、フルーツとしてというよりは、こうやってサラダにしていただくのが我が家流。

a0122758_1812711.jpg

オリーブオイル、レモン、お酢、そして隠し味のメープルシロップで作る、
簡単ドレッシングをかけ、塩と黒胡椒を挽いて作る簡単なサラダ。

クリームチーズを散らすと、ワンランク上の一皿になって、ワインのアテにもぴったり。
色合いのせいなのか、いちじくが持つ独特の存在感のおかげが、
どこか大人の色香漂うたたずまい…。好きだなぁ。^^

季節のものは、シンプルな調理法で楽しむのがやはり好きだな、
ということを実感する、お気に入りのメニューです。


ジャスミン。


a0122758_1814722.jpg

☆レシピ☆
【材料】2人分
いちじく…2個程度
ベビーリーフ…適量
クリームチーズ…適量

EVオリーブオイル、レモン汁、ビネガーまたはお酢(バルサミコ酢でも美味)、メープルシロップ、塩、黒胡椒…それぞれ適量
お好みでパルミジャーノをかけても美味。


【作り方】
1.いちじくはよく洗って、ペーパーで水気を拭き取り、縦に6~8等分にする。
2.お皿にいちじく、上からベビーリーフをのせ、クリームチーズを散らす。
3.EVオリーブオイル、レモン汁、ビネガーまたはお酢(バルサミコ酢でも美味)、メープルシロップ、塩、黒胡椒をそれぞれ順番に回しかける。最後にお好みでパルミジャーノをすりおろしてかけても。



**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-08-28 18:03 | イタリアン*副菜*
        
レシピ#728 野菜のラグー
2・3月と少し忙しい日々を送っていたのですが(年度末とは、まったく関係なくってところがミステリー。苦笑)、合間に時間がぽっとできた時に、野菜のラグーを作ってみました。
a0122758_0273013.jpg

残業で帰宅時間が遅くなることが多かったので、晩ごはんはいつも以上に手早く作れるものを作っていたのですが、じっくりお料理できないとなると、お料理への欲求はさらに高まるもの。そんなこともあり、じーっくり時間をかけて作る煮込み料理は、とりわけ作りたいと思い続けていたのでした。
ただひたすらに野菜を切って、炒めて、煮込んで…という黙々とする単調な作業って、無心になれるのもあってか、ストレス解消にもなりました。^^


a0122758_027481.jpga0122758_02819.jpg















今回入れた野菜は、玉ねぎ、セロリ、茄子、にんじん、そしてひよこ豆も入れました。
ひよこ豆って、ガルバンゾーとも言いますが、わたしはこれを見る度に「ガンバルゾー」って読んでしまうんですよね。なんとも前向きな食材だわ。(笑)

作ったラグーは冷蔵庫で数日保存が可能ですが、冷たいままだとサラダ感覚だし、温めていただくとまたひと味違った味わい。あれこれアレンジも楽しめると思うのですが、今回はけっこうそのまま食べてました。デリ風な一品として優秀な副菜。
ところが、あまりにもたくさんまとめて作り過ぎてしまったこともあり案の定、3日後くらいからちょっともてあまし気味に…。

a0122758_0312154.jpg

で、野菜のラグーをキーマカレーにアレンジ♪

ルーは市販の「キーマカレー用」を使ったので、挽き肉を加えるだけでとっても簡単に作れました。その上、ラグーは煮込んで寝かせているのでなんとも深い味わい!
とーってもおいしくいただきました。^^

このリメイク、かなりハマりそうです。

ジャスミン。



☆レシピ☆
【材料】作りやすい分量
玉ねぎ…(中)1個
セロリ…1本(茎の部分)
茄子…1本
にんじん…1/3本程度
トマト…1個
ホールトマトの水煮(缶詰)…2個程度

にんにく…1かけ
EVオリーブオイル…大さじ3程度
塩こしょう…適量
砂糖(てんさい糖またはきび砂糖)…ふたつまみ程度
ローリエ…1枚

ひよこ豆…1カップ分程度(茹でたもの)


【作り方】
※ひよこ豆は乾燥のものを使う場合は、前日にたっぷりの水にひと晩漬けておく。表示時間通りに茹でてざるに上げておく。
1.玉ねぎ、セロリ、にんじん、ホールトマト、にんにくをみじん切り、茄子とトマトは1cm角程度のさいころ状に切っておく。
2.厚手の鍋にEVオリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけ、香りが立ってきたら1.のホールトマトとトマト以外の野菜をすべて加え、弱火でじっくりと炒める。10~20分程度炒めた後に、トマト、ホールトマト、ローリエ、砂糖、塩こしょうを加え蓋をして弱火で約20分煮込む。
3.2.にひよこ豆を加え、蓋をしてさらに弱火で20分煮込む。
4.3.の蓋を取り、水分が多い場合は、水分を飛ばすように炒める。味をみて塩こしょうで整える。
※煮込んでいる途中で、水分が少なくなった場合は、水または白ワインを少しずつ足す。

冷蔵庫で冷やしても、温めても美味。お好みで黒胡椒を挽いたり、パルミジャーノをかけても。またパスタのソースにも最適。



**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-03-28 10:00 | イタリアン*副菜* | Comments(2)
        
レシピ#709 アーモンドとパインのクリームディップ
クリスマスも終わっていよいよ師走ですね~。
すでに冬休みを満喫中のわたしは、連日のように楽しい約束が目白押しで、これまで以上に充実の年末を過ごしております。ただ減る一方のお財布事情に対し、体重は増加の一途をたどるばかり…と、これは年始の目標が早々に決まった感じです。^^;

a0122758_18223340.jpg

やはりこの時期は、帰省している友人に会える機会も多く、久しぶりの再会に喜びながら、お互いの今年一年の近況報告したり、来年の目標を宣言してお互いに証人になってみたり。^^
慌ただしくもありますが、特別な感じのするこの季節がやはり好きです。


さて。
先日の友人宅のクリスマスパーティで作ってとても好評だった一品を今日はご紹介したいと思います。

実はこちらは当初は作る予定がなかったのですが、友人から大量にアーモンドが余っているから、アーモンドを使ったメニューお願い!と、リクエストをもらい、急きょ加えたメニューなんです。

料理ってほどのこともなくって、クリームチーズをよく練って、細かく刻んだアーモンドとパイナップル(缶詰でも可)を加えて混ぜたディップ♪
これがみんなに大好評なのでした!

a0122758_1823174.jpg

練りに練ったメニューよりも、急きょ加えたものが好評なんだから、わからないものですよねー。(笑)
ちょうど別の友人が持ってきてくれたおいしいパンがあったので、このディップを付けていただいたら最高でした! フランスパンなどはもちろんですが、天然酵母のハード系のパン、ちょっと酸っぱさがあるパンだと最高の相性です。

フルーツはお好みでパイン以外でもどうぞ。ただわたしもこれまでいろいろ試してみたのですが、このパインというのが実に絶妙なんです。やっぱ、これにはパインだよねーという感じ。缶詰のものでも十分なので、パーティメニューの一品にぜひおためしください。
ワインとの相性ももちろんぴったり☆

あ、最後に黒胡椒をきつめに挽くのがポイント。これで一気にこなれた感じになりますよ♪
それから、パインとアーモンドはけっこう細かく刻んだ方がおいしいです。

a0122758_18232122.jpg

こんな風にベーグルに挟んでいただくのもとてもお気に入り。^^


ジャスミン。


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2012-12-28 18:23 | イタリアン*副菜* | Comments(5)
        
レシピ#595 焼き茄子のミントマリネ
夏といえばハーブ。

a0122758_20372714.jpg


特にバジルの出番が圧倒的でしょうか。
他にも、ローズマリー、タイム、ディル・・・
お料理に、ふんだんにハーブを取り入れたくなります。

お菓子には欠かせないミントが大好きで、
(苦手という方も、けっこう多いですよね)
大好きなのに、不思議とお料理には使わないなぁと思っていました。

お料理に使うとしたら、どうやって使おう?
なんてことを、あれやこれや考えていたときに運命的に出会った組み合わせ。
これがこの夏、いえ今年の大ヒット♪

a0122758_20372167.jpg



焼き茄子のマリネ。
漬けこむ際に、ミントもたっぷりと一緒に漬けこみます。

茄子とミントの相性がとてもいいなぁと思ったのですが、
焼き茄子だとさらにおいしい!

焼き茄子の香ばしさと一緒に、
ミントの清涼感が口いっぱいに広がって、
夏の前菜として、とても喜ばれそうな一品です。


個人的に、暑い季節はふだん以上に酸っぱいものを好むので、
このレシピだと、ビネガーはかなりきつめにきかせています。
ちょっと酸っぱすぎる…と思われる場合は、
マリネ液の材料をすべて合わせてからいったん弱火にかけて酸味をとばすか、
または水などで少し薄めるなどして、調整してみてください。

レモン汁をライムに替えると、
さらにさらに爽やか~な仕上がりです。^^

ジャスミン。



いつも応援クリックありがとうございます。^^



にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

*レシピはこちら*
by mrs-jasmine2 | 2011-07-24 20:38 | イタリアン*副菜* | Comments(20)