カテゴリ:エスニック( 3 )
        
#824 トルコ風ミートボール
以前より、トルコ料理にとても憧れがあったんです。
スパイスが効いて、そこはかとなくエスニックな香り漂う感じ!?

a0122758_1730599.jpg

行ったことがないので、あくまでイメージではありますが、トルコ料理といえば…で、まず思い浮かべるのは「ミートボール」。
以前、雑誌で見たトルコ人直伝!のレシピを一度、忠実に再現してみようかと思ったのですが、使用するスパイスの種類の豊富さや、ラム肉を使うなど材料的にも少し敷居が高いか?ということろがあったので、より身近な感じにアレンジしてみました。
といっても、押さえておきたいスパイスはもちろんふんだんに使って♪

こういうスパイスを効かせた煮込み料理って、やっぱり西洋の香りがしますね。^^

作るのはそれほど難しくないのだけれど、できあがりの見栄えから、手が込んでいそうに見えるのも徳だな~。たまたまクスクスのストックがあったので、実際にいただく際には添えてみたところ、より“っぽい”!^^(ただクスクスはトルコというよりはモロッコかな?なんとなくあの辺り、一緒くたんです…。^^;)

本当はスパイスとしてパプリカ(粉)を、ふんだんに使うレシピだったのですが、野菜(生)のパプリカにしてみました。パプリカとトマトってよく合うんですよね。煮込めば煮込むほど、くたんとなって甘味が増して、結果的にはこちらの方がより好きな味わいでした。

まだまだ寒い日は続きますが、それでも日中はすっかり春めいてきた今日この頃。
店頭に並ぶ食材も、春のものがどんどん登場しています。
すっかり春になってしまう前に、冬ならではのこういった煮込み料理をもうちょっと楽しみたいかなぁ…なんて思うのです。

ジャスミン。


a0122758_17311241.jpg

☆レシピ☆
【材料】2~4人分
牛挽き肉…200g(合挽きでも可能)
トマト…1個
パプリカ(赤)…1/2個
玉ねぎ…1/2個
お好みのきのこ…しめじエリンギなど…少量

にんにく…1かけ
鶏ガラスープ…(湯100cc+顆粒鶏ガラスープの素小さじ2)
プルーン…5個

シナモンパウダー…1g
クミンパウダー…1g
ナツメグ…少量
白胡椒…適量
イタリアンパセリ…10~15g
塩…適量、

コーンスターチ…大さじ1+レモン絞り汁…1/8個分+卵黄1個分 → ボールなどに合わせておく。


【作り方】
1.トマトは湯むきして、種の部分をきれいに取り除く。種の部分はざるなどでこし、果汁は取っておく。実は1cm角に切る。玉ねぎ、イタリアンパセリ、にんにくはみじん切りに。パプリカは一口大に切る。プルーンは粗く刻む。
2.ボールに挽き肉、シナモンパウダー、イタリアンパセリをそれぞれ半量、ナツメグ、白胡椒、塩小さじ1/3程度を加えて、よく混ぜる。一口大のミートボールを作る。
3.厚手の鍋にオリーブオイル(分量外)を熱し、にんにくを炒め香りが立ってきたら、玉ねぎと塩ひとつまみを加えて炒める。玉ねぎが透き通ってしんなりとしてきたら、パプリカ、トマト+果汁を加えて弱火で煮込む。
4.鶏ガラスープとクミンパウダーを加え、ミートボールを加える。残りのシナモンパウダーとイタリアンパセリ、プルーン、きのこを加え、弱火で蓋をして約5~7分程度煮込む。
5.最後に、コーンスターチとレモン汁、ランプを合わせたものを回し入れ、弱火でさらに5~10分程度煮込めば完成。
仕上げにイタリアンパセリを散らす。お好みでクスクスを添えてどうぞ。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




by mrs-jasmine2 | 2014-03-13 17:53 | エスニック | Comments(4)
        
ラタトゥユリメイクでこんな一品
今の季節、ラタトゥユを作る方は多いのではないでしょうか!
カラフルな緑黄色野菜、そしてなんといってもトマトは今が一番おいしい季節ですものね♪

a0122758_2294655.jpg

あ、ちなみにラタトゥユは、トマトの水煮缶を使用するレシピが一般的ですが、
わたしは断然、フレッシュなトマトで作る派です。
缶詰の水煮で作ると、濃厚な仕上がりになりますが、
わたしはフレッシュなトマトで作る、みずみずしい感じに仕上がる方が好き。
ラタトゥユって、たいていまとめて作るので、
濃いめの仕上がりだと、飽きがくるのも早いような気がするのです…。


野菜のうまみが、たーっぷり凝縮されたラタトゥユはソースやスープの素としても大活躍!
かなり優秀なリメイク素材だと思うのですよ。^^

今回は冷蔵庫の中身と相談しながら…でしたが、
鶏もも肉と、じゃがいも、かぼちゃをソテーして、ハーブソルト&カレー粉で味付けし、
白ワインを加えてしばし蒸し焼きに。

チキンスープ、ラタトゥユを加え、再び煮込めばできあがり。
味をみて、さらにカレー粉で整えて。
クスクスも添えれば、夏らしいエスニックなワンプレートになりました♡

そうそう、かぼちゃとじゃがいもを加えたのは大正解で、
ボリュームアップになるので、男性にとっては食べごたえがありよいかも。
(これで、かぼちゃ&じゃががもしなかっら、きっと夫は「なんか足りん…」って、言っていたことでしょう…。間違いない。笑)^^;

最近、これまで以上に野菜をよく食べる、我が家の献立です。
夏野菜は元気があって、見ているだけでもパワーがもらえるようでよいな~♪

ジャスミン。



**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-06-06 18:00 | エスニック
        
レシピ#736 レンズ豆のエスニックサラダ
正直なところ、見た目がちょっと…だったので、アップするか否か迷ったのですが、とてもおいしかったのでご紹介します♪
a0122758_2344620.jpg

豆類を好きになってからというもの(子どもの頃は大キライ!でした。笑)、種類豊富にストックしては、あれこれ豆料理作りにいそしんでます。なかでもレンズ豆は特にお気に入りで、事前に水で戻す必要がないので、今日食べたい!今日作ろう!!と、思い立ってすぐに作れるのがいいですね。^^

茹でたレンズ豆と、バターで炒めた玉ねぎとベーコンを一緒に軽く煮込んだデリ風なお惣菜。この見た目のイマイチさが、実はおいしさの秘密でして、仕上げにカレー粉を加えているのです。ひよこ豆のカレーがあるくらいなので、豆類とカレー粉はきっと相性がいいはずだと加えてみたところ、これがほんとにおいしくって♪

最近、すっかり温かくなって(日中は暑いくらい!)、キラキラと輝く陽気のなか、冷たい白ワインがさらにおいしくなるようにと、爽やかにサワークリームもトッピング。これまた、いい仕事をしてくれました。^^

なーんて言いながらも、自宅でお酒を飲むことはほとんどないので、ちょっと、いやかなり?禁断症状な今日この頃。おいしいお酒とお料理でパーッといきたいわぁ…なんて。^^;
あともうちょっとで週末ですね。「この1杯のために生きてるんだよね!」と言いながらのおいしい1杯を楽しみに後半も頑張ります♪(笑)

ジャスミン。


a0122758_2344273.jpg

☆レシピ☆
【材料】作りやすい分量
レンズ豆…(乾燥の状態)100g
塩…適量

玉ねぎ…1/4個
ベーコン…(薄切り)…3枚程度 ※ベーコンはブロックを厚切りにしても美味
にんにく…1かけ
EVオリーブオイル…適量
バター…10g
塩こしょう…適量

水…100ml
カシスのリキュール…大さじ1
カレー粉…小さじ1~

サワークリーム…適量
イタリアンパセリ…適量


【作り方】
1.にんにくと玉ねぎはみじん切りに、ベーコンは1cm幅に切る。
2.鍋にレンズ豆とたっぷりの水、塩少量を入れて強火にかける。沸騰したら弱火にして約20分茹でる。途中で水が少なくなったら水を足す。茹であがったらざるに上げておく。
3.厚手の鍋にEVオリーブオイルを熱し、にんにくを炒める。香りが立ってきたら、バター、玉ねぎ、ベーコンを加えてしんなりとするまで炒める。
4.3.にレンズ豆、水、カシスのリキュールを加えて、水分がほとんどなくなるまで煮る。
5.水分がほぼ無くなったら、カレー粉を加え全体をよく混ぜ、味をみて塩こしょうで整える。サワークリームとイタリアンパセリを刻んだものを添えてどうぞ。

**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-04-18 23:44 | エスニック | Comments(7)