<   2013年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
        
レシピ#780 秋鮭の照り焼き ねぎマヨがけ
秋鮭を楽しんでます♪

a0122758_7382319.jpg

先日のフライもとてもおいしかったのですが、フライパンひとつで作れる照り焼きは、
手早く簡単に作れるので平日ごはんの定番になりそう。

醤油とみりんの組み合わせはもはや鉄板。
これほどまでに食欲を誘う香りそして味わいはないなぁと思うのですが、
わたしにしては珍しく、ふだんあまりマヨネーズもついつい上からかけてしまいました。
いえ、これはかけてしまいます、かけずにはおれません…。(笑)

この鮭の照り焼きには、ねぎマヨが欠かせないのではないかと思いまして。
こういうビジュアルはけっこう好きなのです、実は。^^

そしてそしてここまで来ると、温玉(またはポーチドエッグ)のトッピングもしないわけにはいきませんよね。

すっかりこの季節のおなじみになった某ファーストフードの“月見バーガー”に感化されてます。(笑)
あのCMを見ると、とろ~り卵をなにかにつけ、落としたくなってしまう…、せいでしょうか? 
恐るべし、CMの力。

これはとても白いごはんが進むので、おかずとしてもいいですが、
そのままごはんの上にのせて丼ぶりにするというのもアリ。男子喜ぶこと間違いなし♪


ジャスミン。


a0122758_7383388.jpg

☆レシピ☆
【材料】2人分
生鮭…300~400g程度
塩こしょう…適量
小麦粉…適量

醤油…大さじ2
みりん…大さじ2

マヨネーズ…適量
刻みねぎ…適量
紫蘇…3,4枚程度
白炒りごま…適量

温泉玉子またはポーチドエッグ…1~2個


【作り方】
1.鮭は皮は剥いで、食べやすい大きさに切る。両面を軽く塩こしょうをしてしばらく置く。焼く直前に小麦粉を薄くはたいておく。
2.フライパンに油を熱し、1.の鮭を両面こんがりと焼いていったん取り出す。キッチンペーパーなどで余分な油をふき、醤油とみりんを加え、少し煮詰める。取り出した鮭を戻し、表面にたれを絡める。
3.2.をお皿に盛り付け、上からたれ、マヨネーズ、刻んだねぎと紫蘇、白ごまをトッピング。お好みで温泉玉子またはポーチドエッグを添えてできあがり。



**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-09-30 07:30 | 和食*主菜*
        
プルーン入りワンボウルチーズケーキ
今日は珍しくスイーツ♡
ELLE ONLINEブログ久しぶりに更新しています!

a0122758_0262539.jpga0122758_0264159.jpg















こちらからどうぞ → 


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-09-27 00:27 | 甘いもの
        
レシピ#779 自家製じゃこと桜えびのさつま揚げ
自家製さつま揚げを作ってみました。宣言通り、アジアンな献立続いてます♪

a0122758_21345761.jpg

さつま揚げといえば、白身魚をすり身にして作るのですが、それは考えただけでも大変だなぁと。そうやって作れば、それはそれはおいしいさつま揚げを堪能できることは間違いなく、たいそう魅力的なお話ではありますが、今回はもっと手軽な感じで作りたいなと、はんぺんを使って作ってみました。

味付けにも一役買ってくれる、桜えびとじゃこ、刻みねぎもたっぷりと加えて。こりゃビールが進んでたまらん!一品となりました。(笑)

桜えびの香ばしさと、じゃこの塩気で、あつあつうまうまな自家製さつま揚げ。
はんぺんを使ったせいか、仕上がりはとてもふんわりと軽いのです。^^

この日は、さつま揚げの他に、豚キムチと空心菜の炒め物。うーんアジア♡

ジャスミン。


☆レシピ☆
【材料】2人分
はんぺん…2枚
桜えび…大さじ3程度
じゃこ…15g程度
刻みねぎ…ひとつかみ程度 ※たっぷり入れると美味
卵…1個
生姜…1かけ

レモン


【作り方】
1.フードプロセッサーではんぺんを撹拌し、ボウルに移す。
2.1.に桜えび、じゃこ、卵を溶いて加えて全体をよく混ぜる。最後に刻みねぎとみじん切りにした生姜を加える。
3.2.をスプーンなどで食べやすい大きさにすくって中温(160~170度程度)で表面がきつね色になるように揚げる。レモンを絞ってどうぞ。

※十分、塩気はありますが、物足りない場合は揚げてから塩をパラパラと振りかけてどうぞ。



**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-09-25 21:36 | アジアン
        
レシピ#778 麻婆春雨 oishii
麻婆シリーズが大好きで、豆腐か茄子か春雨か…で、いつもかなり悩みます。
(毎度のことながら、食いしん坊な悩みです。笑)

a0122758_2237223.jpg

麻婆春雨は豆腐や茄子に比べると登場頻度としては低めなのですが、たまにすごーく食べたくなるおかず。特に意識はしていないのですが、味付けとしては、豆腐や茄子よりもあっさりめな仕上がりかもしれません。

具は豚ミンチ、きくらげ、にんじん、白ねぎと、しいたけと、これぞ中華なラインナップ。多めに作って余った分で春巻きが作りたくなってしまいます。^^(春巻きも♡なもので)

季節やその日の気分によって、豆板醤の量を調整しているのですが、まったく入れなければ、それはそれであっさりとした麻婆春雨になりますし、多めに入れてピリ辛にしても美味。暑い季節は、ビールが進む最高のアテにもなります♪ 同じおかずでも、豆板醤の采配ひとつでずいぶんと違った仕上がりになるのは面白いところです。

夏が終わり、ようやく秋の気配を感じられるようになったというのに、アジアンフードが作りたくて食べたくて仕方がない今日この頃…。^^;
まだまだ日中は暑いので、夏気分が抜けきらないのかもしれませんね、、、
しばらく我が家の食卓は、アジアや中華が続きそうです。

ジャスミン。


☆レシピ☆
【材料】2人分(2人分としては少し多めです)
緑豆春雨(乾燥)…70~80g程度
豚ミンチ…150g
●下味
酒…大さじ1
塩こしょう…適量

にんじん…20g
きくらげ(乾燥)…3g
しいたけ(生)…2,3枚
ねぎ…九条ねぎなら1本 白ねぎなら白い部分を1/2本程度


●合わせ調味料
顆粒鶏がらスープの素…小さじ1
水…200ml
オイスターソース…大さじ1 ※製品によって味が異なるので味をみて調整してください
醤油…小さじ2
砂糖…小さじ2
豆板醤…小さじ1~ ※お好みで量を調整

ごま油…大さじ1~
にんにく…1かけ
生姜…1かけ


【作り方】
1.春雨は表示時間通りに戻し、包丁で数か所切れ目を入れておく。きくらげも水で戻し、長ければ切る。にんじんは2,3cm程度の長さの細切り、しいたけは軸を取って薄切り、ねぎは5mm程度の斜め薄切り、豚ミンチは下味の材料をよくもみこんでおく。にんにくと生姜はみじん切りに。合わせ調味料の材料をすべて合わせて混ぜておく。
2.フライパンにごま油を熱し、にんにくと生姜を炒める。香りが立ってきたら、豚ミンチ、野菜を加えてよく炒める。材料に火が通ったら、春雨と合わせ調味料を回し入れ、水分がほぼなくなるくらいまで炒める。仕上げにごま油を回しかける。


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-09-24 07:30 | 中華*メイン*
        
トマトポタージュ ただいま研究中♪
ときどきすごく恋しくなるのがお気に入りのカフェの看板メニューのスープ。

a0122758_7291580.jpg

ひとりでものんびりくつろげる、窓際のカウンター席がお気に入りで、看板犬のかわいいわんこに癒されながら、絶品スープランチをいただくのがなにより至福のひとときです。

野菜たっぷりのトマトベースのポタージュスープで、スパイスが効いていて、そこはかとなくエスニックな隠し味漂う感じもたまりません。その深い味わいはとても食べごたえがあり、おいしいパンと数種のデリで大満足のランチなのです♪

そのスープを初めていただいた時には、たいそう感激しましたが、以来、あの味が忘れられなくって、恋しくなってはお店に駆け込むのですが、同時に、あの味わいを家でも再現できたらいいな~という欲もうずうずと…。


とにかく印象的なのが、その深い味わいと、スパイスの妙。
この秘訣を見極めることができれば、かなり近づけるのではないかと研究中です。

今回、野菜は玉ねぎ、セロリ、にんじん、ブロッコリー(茎の部分)を使ってみました。トマトはいつものわたしであれば、あっさりめが好みなので、生トマトを使うところですが、あの濃厚~な味わいを再現するにはやはり缶詰! ホールトマトの水煮を使いました。
お店では生クリームを使っているのではないかと思うのですが、我が家は豆乳で。豆乳の持つやさしい甘さがいい仕事をしてくれているよう思います。

a0122758_730262.jpg

全体的にとてもやさしい味わいに仕上がりました♡

やさしい味わいという点では、野菜の持つ甘みを存分に引き出すために、最初の野菜を炒める工程にはこだわりました。バターとEVオリーブオイル、そして刻んだにんにくとともに、野菜をじーっくり、それはそれは、じーっくりと根気よくていねいに炒めます。この段階で、野菜の甘みを出せるかが最終的な仕上がりにかなり影響すると思っています。

甘みという点では、焼きパプリカを加えてみるのもよさそう♪と思っているので、また次回、チャレンジしたいと思っています。

味付けは、塩こしょうと、チキンスープのみですが、すごくすごく深い味わいなのに驚きます。これは間違いなく野菜の持つ甘みとうま味が相まって…というところでしょう。^^

勝敗を分けるスパイスですが、今回はガラムマサラを。

悪くはないのですが、お店のとは少し違う…。(それ以外はかなり近いところまでいけました!)
がラムマサラでは少しきついというか、カレーっぽい?そんな印象でした。
もっとシンプルなエスニックさがあったように思うので、次回はクミンあたりで試してみようかな。

奥が深いトマトスープ。
完成まで、まだまだ研究は続きます…。

ジャスミン。


a0122758_7293690.jpg

**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-09-20 07:30 | スープ
        
親子なサーモンフライと3連休
異常気象の影響で、秋の味覚の価格が上がっているようですね。
個人的には秋刀魚が昨年の倍くらいになっているというのは、かなり気がかりです…。

a0122758_742167.jpg

秋鮭もそのひとつのようですが、今シーズン初秋鮭が思いがけずお買い得で手に入りました♪ なにを作るかも考えず、衝動的に買ってしまったのですが、なんとなく洋風な気分だったので、サーモンフライにしました。タルタルソースな気分だっというのもひとつ。

ちょうど海鮮ちらしの献立も予定していたので、それ用にと購入しておいたイクラも添えて。なんとも豪華な親子共演なサーモンフライとなりました。^^

ハーブソルトで下味をして、さらにパン粉にもオレガノ(ドライ)を混ぜました。魚のフライはハーブととっても相性がいいように思います。

タルタルソースというか、もどきは、ゆで玉子にマヨネーズを加えて、塩こしょう、酢、レモン汁で整えたもの。ピクルスなどが入れば本格的ですが、今回はイクラもあるので、これで十分なおいしさ。揚げたてサクサクのおいしさはやはり最高! 個人的にはムニエルよりもフライの方が好きだな。そしてさすが親子!なイクラの演出も大正解のおいしさでした♡


+++++++

a0122758_7421997.jpg

3連休中に、小学校からの親友が遊びに来てくれました♪
我が家の近くには、おいしいパン屋さんの有名店がいくつかあるのですが、彼女からのリクエストで、そのひとつのパン屋さんのパンが食べたい!とのことだったので、パンを主役に、相性のよいチキンの一品とデリ的お惣菜を数種用意。

彼女からおみやげは、以前から気になっていた芦屋に最近オープンしたカップケーキ専門店の、とってもキュートなカップケーキ♡

a0122758_7423723.jpg

おいしかった。ありがとう♪

ジャスミン。



**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-09-18 07:42 | 洋食
        
レシピ#777 鶏だんごのごぼうきのこ鍋 oishii
うちは夏でも、けっこう鍋料理を好んで食べます。^^
クーラーや冷たい飲み物・食べ物で身体の中は冷えているもの。そして想像以上に、内臓は疲れているものなので、休めてあげるためにも暑い中、汗かきながら、そしてヒーヒー言いながらお鍋してました。(笑)

a0122758_7443191.jpg

とくにこの夏、ハマりにハマったのがこの鶏だんご鍋。いまメディアで話題のドクターN氏の“デトックス鍋”を知り、テレビでその作り方が紹介されていて、とてもおいしそうだなと思うと同時に、やはりその健康効果もかなり気になるところだったので、そこからヒントを得て、わが家流の鍋にアレンジ。

先生のは、きのことごぼう茶で作るシンプルなものでしたが、ごぼうときのこと相性のよさそうな鶏だんご、豆腐、もやし、にらも加えました。ごぼうはごぼう茶ではなく、ささがきにして。きのこは、えのき、しめじ、エリンギ、まいたけ、なめこ、しいたけは入っています。おだしは混合だしでとりましたが、具材それぞれからもいいおだしが出るので、あっさりした味わいの中にも、うまみとコクもしっかりと。
(個人的には少しあっさりしてるかな?くらいに仕上げて、ぐつぐつと煮詰めている間に濃縮されていく感じが好きです。)

シメはそばがおすすめ。中華そばでラーメン風にするもよし、和蕎麦でおろしを加えて、きのこおろし蕎麦というのもオツなもの。薬味はすだち、七味や柚子胡椒などで、味わいの変化を楽しむと、この上なくおいしいこと間違いなしです。

ジャスミン。



☆レシピ☆
【材料】2~4人分程度
●鶏だんご
鶏ももミンチ…200g
卵…1個
刻みねぎ…ふたつかみ程度
酒…大さじ1
醤油…小さじ1弱
砂糖…小さじ1
味噌…小さじ1
塩こしょう…適量
薄力粉…大さじ1
水…大さじ2

●具
きのこ…お好みのもの数種(しめじ、えのき、エリンギ、しいたけ、まいたけ、なめこなど)
※なめこが入るととろみが加わるのでおすすめ
豆腐(木綿、絹はお好みで)…1/2~1丁
もやし…1袋
にら…1/2束
ごぼう…1/2~1本
※他にキャベツなども甘みが加わっておすすめ

●スープ
だし(和風混合だし)…6カップ
にんにく…1かけ
砂糖…大さじ1
みりん…大さじ2
酒…大さじ3
醤油…大さじ3
豆板醤…小さじ1~(辛さはお好みで)
塩…小さじ1/3
こしょう…適量

●薬味
すだち、白ごま、柚子こしょう、七味などお好みで

●シメ
そば…2玉~(中華、和お好みで)
※和蕎麦は大根おろしを加えるとおいしいです


【作り方】
1.だしはあらかじめ取っておき、土鍋にだしとスープの材料を加えて煮立たせる。
2.鶏だんごは水以外の材料をすべて加えてよく混ぜ、最後に水を加えてさらによく混ぜる。野菜など具の材料を切る。
3.沸騰しているスープに鶏だんごをスプーンなどで落として入れる。たねがかなりゆるいので、沸騰している中に入れて火を通すと型崩れしにくい。
4.3.にごぼう、豆腐、きのこを加えてひと煮立ちさせたら、最後にもやしをにらを加えて蓋をして火が通ったらできあがり。



**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-09-13 07:30 | 鍋もの
        
きのこのココット
きのこ数種をにんにくとバターで炒めてココットに。味付けは塩こしょうとシンプルに。バターとにんにくというのは、これ以上ないくらいに食欲を刺激しますね♪


a0122758_975028.jpg

先日、あまりにもおいしそうなスクランブルエッグの作り方をテレビで紹介していたので、さっそく作りたくなってしまったのかもしれません。そこでは、しいたけをバターでソテーしたものが添えられていたのです。スクランブルエッグは、ボウルを湯煎しながら作る、かなり手間のかかる作り方ですが、それはそれはおいしそうだったので、これはもう、作るしかないなと。(笑)

先日、鶏ハムを作ったときのスープに野菜をたっぷり加えて、そして置いておいた鶏ハムのはしっこ部分と新たにささみを加えて、洋風玄米のスープごはんをメインに。こちらのきのこのココットは副菜として。なんだか朝食メニューのようですが、胃に染み渡るやさしさとおいしさ…。
温かいメニューが増えてきた今日この頃です。

※携帯画像のため、画質がイマイチですが備忘録代わりに…。


ジャスミン。


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-09-12 06:30 | 洋食
        
野菜のグラタン oishii
最近、本当に野菜をよく食べます。
暑い季節は、葉ものも多かったのですが、これから根菜類を食べる機会が増えそうです。

a0122758_22182624.jpg

休日の晩ごはんは、野菜でメインを作りたくって、野菜のグラタンを作りました。

冷蔵庫にある野菜を思いつくまま入れていく、その名も気まぐれサラダならぬ気まぐれグラタン。今回入っている野菜は、かぼちゃ、さつまいも、きのこ類(マッシュルーム、しめじ、まいたけ)、茄子、パプリカ、キャベツ、セロリ、玉ねぎ、にんじん。なんだか忘れているものもありそうですが…。
これらをそれぞれ食べやすように切って、EVオリーブオイル、刻んだにんにくと一緒に炒めたのち、白ワインとざく切りにしたトマトを加えて、しばし蒸し焼きに。それを耐熱皿に移し、作っておいたベシャメルソースをかけてオーブンであとは焼くだけ。

a0122758_2219259.jpg

味付けは塩こしょうのみですが、それぞれの野菜の持つ、いろんなうま味、甘み、香りが相まって、それはそれはやさいい味わいなのです。
グラタンというと、焼くときにチーズをのせてもいいのですが、あえてここはなしで。あっさりといただけます。

この日は、前日から仕込んでおいた鶏ハムも完成。
サラダ仕立てにして一緒にいただきました。ヘルシーな休日の晩ごはん♪
今週も1週間、頑張ります。^^

ジャスミン。



**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-09-10 13:14
        
レシピ#776 おからのコロッケ
いつも週末に翌週・平日分の常備菜をまとめて作る我が家。
それが習慣になってからというもの、おからの煮ものもたびたび登場するようになりました。

a0122758_20554064.jpg

それを晩ごはんの副菜として、またお弁当のおかずとして楽しんでいるのですが、作る時はいつもまとめて作るのでけっこうな量になります。健康にもいいので、毎日せっせと食べるのですが、おからって一度にそんなに量を食べられず、やはり残ってしまいがち…。
次回、作る時は半分の量にしよう…と思うものの、いざ作るとなるとついついまとめて作りたくなってしまって、まったく学習しないわたしです…。(苦笑)

ところが、おからの煮ものからコロッケのリメイクができることがわかって以来、しかもおいしい!と来たので、思わぬ恩恵が生まれ、おからの煮ものを作る楽しみがひとつ増えました。^^


おからの煮ものに加えて、牛ミンチと細かく刻んだねぎを炒めたもの、そして茹で卵を刻んだものも加えます。コロッケに茹で卵が入っているのがとにかく好きで、うちのコロッケといえば茹で卵! おいしいんですよ♪コロッケに茹で卵、ぜひお試しいただきたいです。

牛ミンチと白ネギはごま油で炒め、軽く塩こしょうをしたら、みりんを加えて水分がなくなるまで煮込みます。このみりんというのがポイントで、ほんのりとして甘さがとにかくやさしい、そしてほっとするような味わいに。フレンチやイタリアンで白ワインや赤ワインで煮込むのと同じ考え方でみりん。これぞ、ジャパニーズ家庭スタイル♪

不思議なもので、おからの煮ものでこの量はとてもじゃないけど食べられないよなーですが、コロッケになればふたつくらいはペロリ。地味系おかずNGの夫でさえ、喜んで食べる、和のお惣菜のうれしいリメイク術です。

ジャスミン。


a0122758_2055593.jpg

☆レシピ☆
【材料】9~10個分
おからの煮もの…500g程度

牛ミンチ…150g程度
白ネギ…(白い部分)1本分
ごま油…適量
塩こしょう…適量
みりん…50ml
醤油…大さじ1

茹で卵…2個

●ころも
薄力粉…適量
溶き卵…1個分程度
パン粉…適量


【作り方】
1.白ネギはみじん切りにして、フライパンにごま油を熱し、牛ミンチと一緒に炒める。ミンチの色が白っぽくなったら、軽く塩こしょうをしてみりんを加え、水分がなくなるくらいまで炒める。最後に醤油を回しいれる。
2.ボウルにおからの煮もの、粗熱を取った1.細かく刻んだ茹で卵を加えてよく混ぜる。小判型など食べやすい大きさ・形に成形する。
3.2.を、薄力粉、溶き卵、パン粉の順番でころもをつけて、160~170℃くらいの中温で揚げる。
※具は既に火が通っているので、ころもがきつね色に色づけばOK



**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

by mrs-jasmine2 | 2013-09-09 08:38 | 和食*主菜*