#833 マッシュポテトの茶巾入り 冷製コーンポタージュ oishii
今日は冷たいコーンポタージュスープのレシピをご紹介したいと思います。

a0122758_11422854.jpg

おいしいとうもろこしが並んでいる間に、ぜひとも味わいたい!この季節ならではのお楽しみ♪
ふだんは和食が多いこともあって、お味噌汁はよく作るんですけど、こういうスープはあまり(わざわざ)作らないんですよねぇ…。実のところ。^^;
が、しかし!
スープカテゴリーのなかでも、クリーム系スープが断然好きです♪
コーン、ポテト、かぼちゃ・・・。クリーミーで濃厚な味わいがたまりません。あとほんのり甘いやさしい味わいも好きなのかも。^^
というわけで、好きなんですけど、作るとなるとどうもミキサーを使うの億劫で~。。
なので、パック入りのレトルトものにお世話になること多々。

でも大好きなとうもろこしが、一年で一番おいしい季節ですから、長期夏休みを利用して、ちょっと手間ひまかけて作ってみました。たまには、おいしい手作りスープを作ってみるのもいいってもんです。^^

今回ちょっとこだわって、マッシュポテトで作った茶巾を真ん中に浮かべてみました♪
(正確には沈めてみました…ですけど。。笑)

実は今回、じゃがいものスープを作るか、コーンのスープにするか、ギリギリまで迷いまして…。
なんかこのふたつって相性良さそうだし、一緒にしてみてもおいしいかも!と。そんなこんなで生まれたメニューです。
予想通り、マッシュポテトがコーンクリームスープに絡まると、さらにおいしさ倍増!
おかげでボリュームアップにもなって、朝食にもおすすめの一品となりました。
バジルを散らせば、さらに爽やかに夏らしく☆

今日からお仕事復帰!という方も多いかもしれませんね。残暑厳しい毎日ですが、おいしいお料理で素敵な1週間をお過ごしください♪


ジャスミン。


a0122758_11424039.jpg

*レシピ*
【材料】2~4人分
とうもろこし…2本
オリーブオイル…適宜
無塩バター…5g程度
塩…ひとつまみ程度
牛乳…1カップ ※濃い目がお好きな場合は牛乳の量を150mlに。 
塩…小さじ1/2~
生クリーム…100ml
マッシュポテト…適宜
黒胡椒…適宜
バジルの葉…適宜

【作り方】
※マッシュポテトを作っておき、ラップに包んで茶巾にしておく。
1.皮とひげを取ったとうもろこしをラップで巻いて、電子レンジで500~600Wで約5分程度加熱する。
2.フライパンにオリーブオイルとバターを熱し、とうもろこしに塩をふって、表面がきつね色に色づく程度、よく焼く。
3.とうもろこしの実を芯から取る。
※熱いのでやけどしないように、冷めてからでも大丈夫です。
4.3.のとうもろこし、牛乳、塩をミキサーでよく攪拌する。
5.できればガラス製のボールにミキサーにかけた4.を入れて、生クリームを加えよく混ぜる。味をみて塩で調整する。冷蔵庫で冷やす。
※塩はわりとしっかりめに味付けした方がおいしいです。
6.いただくときに器にマッシュポテトの茶巾を真ん中に置き、スープを静かに注ぐ。茶巾のてっぺんが顔を出すくらいの量がきれいです。黒胡椒を仕上げに挽く。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-08-18 11:43 | スープ | Comments(2)
        
#832 アボカドと豆腐のBeauty丼
しかしこう暑いと毎年のことながら、食欲が落ちるというものですね…。
というよりも、料理をする意欲低下!?

a0122758_14103438.jpg

そんな夏バテ気味の今日この頃、よく作っているのがこの丼ぶり。
アボカドと絹こし豆腐を、ごま油、梅肉、醤油、砂糖を合わせたタレに絡めて、ごはんの上にのせて完成!の超簡単丼ぶり。
もみ海苔と、刻んだ紫蘇、ごまをトッピングしていただきます♪

ごはんは白いごはんでもOKですが今回は、最近というかこの夏、ハマりにハマって毎日のように食べている生姜ごはんで。
この生姜ごはんが、なかなかのヒット作でして♡
また次の機会にでも、こちらでご紹介できればと思います。

最近、帰宅時間が遅いこともあり、こういう短時間で作れるメニューというのは、これまで以上に重宝しています。
火を使わないというのもポイント高しで、夏休みのランチにもおすすめ。

アボカドや豆腐というのは、女性にとってはうれしい素材のようで、少し前くらいから意識的に食べるようになりました。
夏バテ対策としての梅や生姜というのもうれしい♪

よって、Beauty丼なんて名づけてみましたが、どうもこういうキラキラ?メニュー名は本来であればしっくりこないのです…。^^;
メニュー名に関しては、けっこう冒険しないタチでして、昭和な香りそこはかとなく漂う、王道な感じが好きだったりします。(笑)
でも今回は、ほんと女性にうれしいメニューなのでね。^^


*******
なーんて、何事もなかったようにブログ復活してみましたが…。(汗)
気づけば、4か月ぶりの更新となってしまいました。。。(汗、汗、汗)

あまりに久しぶり過ぎて、更新の仕方忘れちゃっていました…。(苦笑)

その間、心配してくれた、たくさんの友人からメールもらったり、電話もらったり…。
1か月めくらいは、忙しいのかな?くらいに思っていたようで、そっとしていてくれたようで、ただ2か月以上過ぎた頃から、…ん!?どうした??みたいな感じになったようで、ちょうどその頃、たくさんの方から連絡をもらいました。
みんな、考えてること、タイミングが同じでちょっとおかしかったですが、うれしかったです。^^
ご心配おかけしました。

長く更新できませんでしたが、元気にやっています。
仕事が忙しくなってしまって、残業が増え、物理的に料理をする時間が無くなってしまったこと、料理はできても撮影をしたり、ブログを更新する余裕がなくなってしまったことが大きな理由ですが、この間、引っ越しをして、新居にネット環境が整っていない…という、由々しき問題もあったりなかったり…。^^;

今後も、コンスタントな更新はできないかもしれませんが、楽しみにしてくれている方がひとりでもいらっしゃるなら…と、細々ながら、更新できる時に新たなレシピをご紹介していけたらと思います。

そんなわけで、お料理のテイストはこれまでと変わるかもしれませんが、身を持って…とはこのことで、これまで以上に、短時間で作れるものであったり、簡単なものであったり、健康に気を使ったものなんかは増えてくるのではと思っています。
今後も、末永くそして気長に、お付き合いいただけましたら幸いです♪

ジャスミン。



☆レシピ☆
【材料】1人分
アボカド…1個(小玉)
絹こし豆腐…100g程度

●合わせだれ
梅肉…1個分 ※種を除いて包丁でたたく
ごま油…小さじ2
醤油…小さじ1弱
砂糖…小さじ1/2
酢…小さじ1

紫蘇…1,2枚
焼き海苔…適量
ごま(白または黒)…適量


【作り方】
1.ボウルなどに合わせだれの材料をすべて合わせてよく混ぜておく。
2.アボカドは皮をむき、種を除いて食べやすい大きさに切る。
3.2.とスプーンでひとくち大にすくった豆腐を1.に加えて、全体を和える。
4.丼ぶりにごはんをよそい、3.をかけ、刻んだ紫蘇、もみ海苔、ごまをトッピングしてできあがり。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-08-07 17:47 | ごはんもの | Comments(10)
        
#831 赤いんげん豆とツナのデリ風 oishii
a0122758_1893488.jpg

以前、とてもお料理上手な方のお宅でいただいた一品があまりにもおいしくって、一口食べた瞬間に感激のあまりノックアウト!
レシピ教えてください!とお願いしたところ、ご丁寧に教えていただいた思い出のメニューなんです。
それを少しわたし流にアレンジしたのがこちら。

レッドキドニービーンズとツナをハーブと一緒にトマトで煮込み、白ワインとバルサミコ酢で大人っぽく味付けしました。
はちみつのまろやかさと酸味が相まって、あとを引くおいしさ♪

色合いもいいので、これからの季節はホームパーティなどで大活躍間違いなしです。
ちょっとデリっぽい感じもいいですよね。^^
ワインにもぴったりで、バケットやチーズと一緒にいただくのもよさそう。

最近、以前にも増して豆類に夢中。^^
実は子どもの頃は、豆類がいっさいダメで、納豆以外の豆という豆はまったく口にしなかったのが、ほんと嘘のようです。
なかでも寒い季節には、今回のようなレッドキドニービーンズや、白いんげん豆を煮込んだ一品をいただくだけで幸せな気分になります♪
春になって暖かくなってきたら、こんなデリ風サラダもいいですね。温かいのもおいしいし、冷やしても美味。

まとめて作れば冷蔵庫で1週間程保存も可能です。

ジャスミン。


☆レシピ☆
【材料】作りやすい分量
レッドキドニービーンズ水煮(缶詰などでも可)…200~300g
ツナ缶…1缶(内容量150g程度のもの)
トマト…2,3個(450g程度)
玉ねぎ…大1/2個
はちみつ…大さじ1~2
バルサミコ酢…50ml
白ワイン…50ml
塩こしょう…適量
ローズマリー…1,2枝


【作り方】
1.トマトはヘタを取り、湯むきして横半分に切り、種の部分をていねいに取り除く。種の部分はざるなどでこして果汁は取っておく。実をサイコロ状に刻む。玉ねぎは薄切りにする。
2.厚手の鍋にオリーブオイル(分量外)を熱し、玉ねぎを薄くきつね色ろ色付く程度まで約10分程度炒める。
3.2.に水気を切ったレッドキドニービーンズ、トマトの実と果汁、白ワイン、はちみつ、ローズマリーを加え、中火で煮込む。沸騰してアルコール分が飛んだ頃、弱火にして蓋をして約5分程度煮込む。
4.3.に余分な水分を切ったツナ、バルサミコ酢を加えて大きく混ぜ、蓋を取って弱火で10分弱煮込む。味をみて、塩コショウで整える。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-04-07 19:00 | イタリアン*副菜* | Comments(8)
        
#830 あさりとセミドライトマトの白ワインパスタ
もはや休日仕込みのすすめは、わたしのライフワークのようになっていますが、いつもあれこれ仕込んでいる定番メニューの中のひとつに、セミドライトマトというのも。

a0122758_12451714.jpg

本当なら、天日に干して作るのが理想的ですが、我が家は車通りの多い道路に面しているので、干し物系をベランダで、とてもではないが作れません…。(涙)
そこで我が家のセミドライトマトは、天板に半分に切ったミニトマトを並べて、塩、砂糖、オリーブオイル(ときにはハーブ!)を少しづつふりかけて、オーブンで低温で長時間じっくりと焼き上げて作っています。
1日で作れるというのは魅力です♪

セミドライトマトを使って、ぜひとも作りたかったのがこのパスタ!
たいてい、おうちランチでのパスタは、冷蔵庫にあるもので作ることがほとんどなのですが、今回は、わざわざあさりを買ってきました。あさりも身が少しづつ大きくなってきていて、今がとってもおいしい季節ですからね。ふっくらあさりを楽しむなら、まさに今♪

ボンゴレビアンコ、あさりの白ワインのパスタ。
大好きで、お店でもよく注文します。
トマトソースのボンゴレロッソというのもありますが、あさりのパスタは断然、白ワイン派。
(ペスカトーレは、トマトソース派です♪)

フライパンにオリーブオイルでにんにくを炒めて香りを出し、そこにあさりを投入。
さらに白ワインをたっぷり加えて、蒸し焼きに。

あさりのエキスって、本当に優秀で、白ワインと相まったこのうま味ったら、たまりませんよね~。^^
さらにここへ、セミドライトマトを加えることで、トマトのうま味まで加わってもう最高!

シンプルなパスタなんですけど、お店でいただくみたいな仕上がりに大満足。
仕上げに刻んだイタリアンパセリもお忘れなく。このアクセントがまたたまりません。

ジャスミン。


a0122758_12453578.jpg

*レシピ*
【材料】1人分
パスタ(乾燥)…80g
オリーブオイル…大さじ2
にんにく…1かけ
白ワイン…100ml
パスタの茹で汁…30ml程度
セミドライトマト…(ミニトマト)10個程度
あさり…10~15程度
イタリアンパセリ…適宜
塩こしょう…適宜


【作り方】
1.砂抜きしたあさりは、貝をこすり合わせてよく洗っておく。
2.パスタを茹で時間より1分程度短めに茹でる。
3.フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたにんにくを炒める。香りが立ってきたら、あさりと白ワインを加えて、蓋をして弱火で蒸し焼きに。殻が開いてきたら、蓋を取り、セミドライトマト、パスタの茹で汁を加えて、少しとろみがつくまで弱火で煮詰める。
4.パスタを加え、軽く煮込み、塩こしょうで味を調整する。
5.お皿に盛りつけ、刻んだイタリアンパセリを散らす。お好みでレモンを絞っても。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-04-05 15:00 | パスタ | Comments(2)
        
#829 そら豆とポテトの春巻き
「ピックアップブロガー」
のインタビュー内でも、そら豆のメニューをおすすめとして紹介しておりますが、わたし、大のそら豆好きなんです。^^
そしてこのメニュー、構想数年がかりの壮大プロジェクトだったりします。(笑)

a0122758_17384370.jpg

ポテトとそら豆の相性がとてもいいので、グラタンをよく作っていたのですが、この組み合わせで、春巻き作ったらおいしいかも♪というアイデアはありました。
でもずーっと、マッシュポテト&そら豆という組み合わせにとらわれていて、それを春巻きの皮で巻くのは、どうなんだろう…??と実現しないで来たのですが、ポテトを千切りにして軽く炒めることにしたら、とっても春巻き向きになりました!

さらにそら豆と好相性のチーズ、生ハムも加えて。隠し味にはベシャメルソースをほんの少し忍ばせます。クリーミーな味わいが美味なのはさることながら、つなぎ的役割を果たしてくれるところもポイント。
これは、おかずというよりはお酒のアテに最高です♪
よく冷えた白ワインなんて、とても合いそうだと思いませんか~?
お天気のいい日は、こういうアテをつまみつつ、お昼からお酒を楽しむというのも贅沢でいいですね☆
最近、すっかり暖かくなってきてご陽気モードのジャスミンです。(笑)
気持ちのよい季節になると、とたんにこういう一品がうれしくなりますね♡

ジャスミン。


a0122758_17385967.jpg

☆簡単レシピ☆
【材料】10本分
春巻きの皮…10枚
そら豆(実)…20個程度
新じゃが…中1個程度
ホワイトソース(市販のもので可)…適量
生ハム…4、5枚
ピザ用チーズやモッツァレラチーズなど…適量
塩こしょう…適量


【作り方】
1.そら豆はさやから出して、うす皮が付いたままで熱湯で約2分弱茹でる。茹で上がったら、ある程度粗熱が取れたら、薄皮から実を出し、縦半分に割る。新じゃがは、皮を向いて薄くスライスし、さらにそれを千切りにする。ボールにたっぷりの水を入れてさらす。水を2、3回替える。水がクリアになったらざらに上げて水気を切り、フライパンでオリーブオイルで軽くソテーする。少ししっかりめに塩こしょうをしておく。
2.春巻きの皮の真ん中よりも手前に、炒めたじゃがいも、そら豆、チーズ、生ハムをちぎって少し散らし、ホワイトソースをティースプーン1杯程度かける。端からきつめに巻いていき、巻き終わりを水溶き片栗粉でとめる。
3.中温で、軽くきつね色に色付く程度揚げる。お好みでオリーブオイル、ハーブソルト、黒胡椒を挽いてどうぞ。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-04-02 18:30 | イタリアン*副菜* | Comments(2)
        
#828 鶏そぼろと小松菜のアジアン丼 oishii
ひとりごはんの時は、やはり丼もの率が高い!
(パスタなどの麺類もありなのですが、なぜかパスタってお昼に食べたい気分なのです)

a0122758_22295287.jpg

これ、絶対にふたりの時は作らないだろうなぁというメニューです。
なぜなら、夫だったら「なんか足りん…」って言われそうだから。(苦笑)

塩麹と生姜で鶏ミンチをさっと煮込んだ“塩そぼろ”と、細かく刻んだ小松菜をフライパンでさっと炒め、ナンプラー少々で味付け。
それをごはんの上にかけ、温玉をトッピングして、レモンを絞っていただきます。
どこか、アジアの食堂で出てきそうだなぁという雰囲気が気に入ってます。
そして気合いの入ってない感じもまた好きです。^^

鶏ミンチでヘルシーだし、小松菜は女性にとってはうれしい素材だし。
ひとりごはんとしては大満足なのであります♪

ジャスミン。


☆レシピ☆
【材料】2人分
●塩そぼろ
鶏ももミンチ…100g
塩麹…大さじ1
生姜…1かけ
水…100ml
酒…大さじ1

小松菜…1/3束程度
黒胡椒…適量
ナンプラー…大さじ1/2~

温玉子…2個
カットレモン


【作り方】
1.小鍋に塩そぼろの材料をすべて入れ(生姜はみじん切り)、菜箸でぐるぐるかき混ぜながら弱火にかける。鶏肉が白っぽくなったら、12,3分程度煮込む。汁気がなくなればできあがり。
2.フライパンに油を熱し、1cm幅程度に刻んだ小松菜を炒める。火が通ったら、1.の塩そぼろを加えて、ナンプラーをまわしかけできあがり。ごはんの上からかけ、温玉、カットレモンをトッピングし、黒胡椒を挽く。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-03-31 22:30 | ごはんもの | Comments(4)
        
お知らせ
この度、エキサイトブログの「ピックアップブロガー」に、インタビューを掲載いただきました。

いつも拝見していたコーナーだったので、今回お声掛けをいただいて驚きましたが、とても光栄でした。これまでずっと、取材をする側だったこともあり、いざ自分が取材を受けるとなると、なんだか不思議な気分でしたが、ブログと向き合うよい機会をいただいたなぁと思っています。

改めて、どんな思いでブログを始めたとか、どういうことを発信していきたいだとか…、自分のブログを見つめ直すことができたのではないかなって思ってます。^^

これまでこのブログで触れたことも、そして今回初めて明かすことも!?
いろいろ語ってますので、ぜひご覧ください♪


こちらからどうぞ。 → 

ジャスミン。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-03-27 22:55 | ピックアップブロガー | Comments(2)
        
#827 あめ色玉ねぎでオムレツ
休日に、なんだかじっくりと腰を据えてお料理がしたくなり、手間ひまかけたあめ色玉ねぎを作ってみました。

a0122758_18165843.jpg

ここまでのあめ色に仕上げるとなると、相当の時間と根気が必要ですが、ひとたび味わってみると、

 きゃ♡

とか、

 うひょ♪

って舞い上がってしまうくらい、やっぱりおいしいものです。^^


a0122758_18172051.jpg

そんなあめ色玉ねぎで作ったオムレツ。
あめ色玉ねぎを作ろうと決めた際に、このオムレツを絶対に作りたいな~と思ったのです。^^
あめ色玉ねぎと卵は好相性。

それにコーンとチーズもたっぷりと加えたら、ワインにもぴったり。
やさしい味わいなので、お子さまも好きだと思います♪

a0122758_18174292.jpg

直径20cmほどの、小さめフライパンでかわいく作ってみました。
お皿にポンとのせて、切れ目を入れるだけでそのまま食卓へ。
人が集まるときにも、このまま出してもさまになるのでいいですね♪

チーズはパルミジャーノとピザ用チーズ。
アツアツは、切れ目からチーズがとろ~んと溶け出してそれがまた美味!
ピザ用チーズを奮発して、カマンベールやゴルゴンゾーラにしても。

ぐんと大人な仕上がりになって、ワインがますます進みます。^^

ジャスミン。


a0122758_18183845.jpg

☆簡単レシピ☆
ボールに卵2,3個を入れてほぐし、スイートコーン、塩こしょうパルミジャーノを適量加える。(パルミジャーノは卵1個につき、大さ1程度がおいしい。)
小さめのフライパンにバターを熱し、卵液の半量を流し入れる。菜箸などで大きく2,3回ぐるぐるとかき混ぜる。
あめ色玉ねぎ、ピザ用チーズ(またはお好みのチーズ。カマンベールやブルーチーズなど)をまんべんなくおき、その上から残りの卵液を流し込む。
フライパンのフチを菜箸で数回なぞり、ひっつかないようにする。
弱火にして蓋をして2.3分蒸し焼きに。(焦げないように注意)
ひっくり返して、再び蓋をして蒸し焼きに。中まで火が通っていれば(串を刺して、ひっつかなければOK)できあがり。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-03-25 18:19 | アレンジ | Comments(8)
        
#826 きのこのアヒージョとレンコンのソテー
前回の予告通り、きのこのオイル漬けを使ったアレンジメニューをご紹介します♪

a0122758_9492859.jpg

大好きなレンコンを使って。
アヒージョにすっかり影響されたか、タパス的な一品が作りたくなりました。
きのこのアヒージョとその時使ったアンチョビと一緒にレンコンをソテー。
うーん、ワインやらビールやら飲みたくなりますね~。(笑)

このオイル漬けのよいところは、きのこをフレッシュなまま、
オイルでじんわりと煮込んだので、オイルもお料理に使えるという点。
なんとも素晴らしいです。^^

ハーブやガーリックや、場合によっては唐辛子で、風味が豊かになっている点もポイント高いです♪
こちらのオイルをフライパンで温め、そこへアンチョビのフィレを投入。
弱火にじっくりかけたら、輪切りにしたレンコンを加えて炒めます。
おいしそうな焼き色が付いてきたら、きのこも加えてできあがり。

アンチョビの深い塩気で、お箸もお酒も進むこと間違いなしですね。^^


Jasmine*


☆レシピ☆
【材料】2人分
レンコン…100g程度
アンチョビフィレ…2.3枚
オイル漬けのオイル…大さじ1
オイル漬けのきのこ…大さじ2~3程度
お好みで、にんにく1かけ(みじん切り)


【作り方】
1.レンコンは皮をむき、5mm程度の輪切りにして、酢水にさらしておく。フライパンにオリーブオイルとアンチョビのフィレを入れて弱火にかける。(にんにくを入れる場合はここで入れる。アンチョビは細かく刻む必要はありません)
2.レンコン(水分はふきとって)を加えて、両面を焼き色が付く程度、じっくりと焼く。軽く塩胡椒。
3.きのこを加えできあがり。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-03-21 10:41 | イタリアン*副菜*
        
#825 きのこのアヒージョ
a0122758_1240195.jpg

この春から仕事面での大きな変化があり、これまで以上に効率よくお料理をしなければならなくなりそうです…。汗
本来、ストレスフルな生活は本望ではありませんが…(そりゃそうだ)^^;
人間って追い込まれた時にこそ、そこを切り抜けるための工夫ができるというか、
潜在的な力が発揮できるというか…。
ま、なんとかなるし、なんとかするだろ~と、あくまで前向きには考えています。
どうなるかは未知数ですが、最初から無理とは思わず、とりあえずやってみようと思っています。。。^^;


そんなわけで、これまで以上に、週末の保存食作りや仕込み作業が重要になってきそう。
きのこのオイル漬けは、以前よりよく作る我が家の定番保存食。季節的には秋がおいしいですが、一年を通して作れるってのも魅力♪

これまでは、きのこ数種類をソテーしてからオリーブオイルを加えてオイル漬けにしていたのですが、以前にスペインバルでいただいた、きのこのアヒージョがとってもおいしくって♪
すごく気に入ってしまい、そうか、アヒージョ風にしたら尚のことよいかも!ということで、作り方を改良してみました。
きのこは炒めず、フレッシュのままオイルを注ぎ、そのままオイル煮のようにします。まさにアヒージョ♪
できたてアツアツをちょっと味見してみたところ、驚きのおいしさ☆もう感激ものでした。^^

作りたてはアヒージョとして、アツアツをそのままいただき、残った分は保存容器に入れて冷蔵庫で保存。
いろんなアレンジを楽しみます。

さてさて、このきのこのオイル漬け。翌日以降はどんな変身を遂げたのでしょうか??
次回以降にアレンジメニューをご紹介予定ですのでお楽しみに。^^


ジャスミン。


a0122758_12402973.jpg

☆レシピ☆
【材料】作りやすい分量
お好みのきのこ数種類…今回はオーソドックスバージョンで、しいたけ大3枚、しめじ1パック、えのき
(小)1パック。
※マッシュルームを加えると香りがより高くなります。他にはまいたけなどもお
すすめ。エリンギが加わると食感が豊かに。
E.Vオリーブオイル…300~350ml
※味の決め手になるので、できるだけフレッシュで質のよいものを。

にんにく…3かけ
タイム…4,5枝程度(量はお好みで)
粗塩…小さじ2
さらにお好みで、唐辛子などを加えても


【作り方】
1.厚手の鍋に石突きを落としたきのこと皮をむいて包丁の背で潰したにんにく
を入れ、上からオリーブオイルをまわし入れる。
※きのこはできるだけ包丁を使わず手でちぎる。香りがとてもよくなります。
2.アルミホイルで作った落とし蓋をしてごく弱火にかける。沸騰させないよう
に気を付けながら5分~煮込む。きのこがオイルに浸かるように、菜箸などで上
下を時々返すようにする。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-03-18 12:50 | 保存食