#815 焦がし醤油バターの旨み♪豚しそ丼
塩こしょうを効かせた豚しゃぶ肉をフライパンでカリっと焼いて白いごはんの上にのせ、肉汁と合いまった焦がしバターに醤油も絡めてタレが完成。
そのタレをまわしかけたら、あとはトッピングに白ごまと細く刻んだ紫蘇を。

a0122758_20122752.jpg

潔いくらいシンプルだなって思います。


これはわたしが大学時代に一人暮らしをしていた頃、よく作っていたものなのですが、このメニューのことをふと思い出し、なんだかとても懐かしくなってしまって久しぶりに作ってみました。

当時は一人暮らしということもあって、しかもパワー有り余る?学生だったこともあり、バター醤油だなんて発想が、“若いな~”なんて思ってしまいます。(笑)
こういうガッツリ系メニューは、最近ではあまり登場しなくなりましたが、久しぶりに食べてみたらやっぱりおいしかった!

この当時は、まさか自分が料理の道に進むとは夢にも思っていませんでしたが、その頃からおいしいものを食べることが大好きで、おいしいものへの興味・関心というのはひと一倍強かったかもしれません。

果たしてこれは料理と呼べるのか?ってぐらい、簡単なメニューですが、たっぷりの紫蘇を効かせてみていたり(バター醤油でガッツリ系に、紫蘇を合わせたコンビネーションの妙に気づいていたり…)、豚肉も生姜焼き用やこま切れなどではなく、あえてしゃぶしゃぶ用を使っているこだわり(薄いとカリっとしながらも食べやすく、特に丼ものなのでごはんと一緒に食べやすいのです)なんかは、今に通じているような…。
わたしの原点は当時にあったのかもしれませんね。^^


部署移動があったこともあり、生活のパターンが大きく変化しそうです。
これまで以上に、晩ごはんを作る時間が限られ、また平日をやりくりする工夫が求められることになりそう。

こちらでご紹介するメニューにも変化があるかもしれません。
よりシンプルで簡単に、そしてもちろんおいしいものを♪
週末などを上手に使って、日々のごはん作りの負担を少しでも減らせるような、システムも考えていけたらいいなぁ…なんて思っています。

もちろん、純粋にとことん料理を楽しむ贅沢な時間も、休日に確保できればいいですね。
より忙しい人の味方になれるかも!?
そんなジャスミンレシピを今後もお楽しみいただけましたら幸いです♡



ジャスミン。


☆レシピ☆
【材料】2人分
豚薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)…170~200g程度
塩…適量
黒胡椒…適量
EVオリーブオイル…適量
バター…20g
醤油…大さじ1
砂糖…小さじ1/2

白ごま…適量
紫蘇…5,6枚程度
もみ海苔…適量


【作り方】
1.豚肉の両面に塩こしょうをする。(わりとしっかりめがおすすめ)器にごはんをよそい、もみ海苔を散らす。
2.フライパンにEVオリーブオイルを熱し、豚肉を焼く。両面がカリっときつね色になる程度焼いて、ごはんの上に盛り付ける。
3.フライパンの余分な油をふき取り、バターを加えて火にかける。バターが溶けたら、砂糖と醤油を加えて少し煮立たせ、全体がなじむようにする。(焦げないように注意)
4.3.をごはんと豚肉の上からまわしかけ、細く刻んだ紫蘇と白ごまをトッピングしてできあがり。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-02-20 20:12 | ごはんもの | Comments(2)
        
#814 濃厚クリーミー♪帆立と海老のトマトクリームソース煮込み oishii
シーフードとトマトソースとの相性は抜群ですよね♪

a0122758_14315677.jpg

シーフードとトマトソースといえば、パスタやブイヤベースを思い浮かべますが、こちらは即席トマトソースに、クリームチーズのコクと酸味をプラスして、とっても味わい深いトマトクリームソースの煮込みメニュー。

トマトソースは本来ならば、ミキサーにかけたり、裏ごしをして作るのですが、この即席トマトソースは、トマトをお鍋の中で潰すように煮込むことで手間を省きました。
その名の通り、即席で作ることのできる簡単ソースですが、面倒な手間を省いてもそこは家庭料理のいいところ!
十分おいしいのです。^^

缶詰のトマトの水煮や市販のトマトソースを使えば、さらに簡単に作れるのですが、フレッシュなトマトならではのみずみずしさも捨てがたい…。
仕上がりのお好み加減で、作り分けてもいいですね。

ソテーした帆立と海老に、濃厚なトマトクリームソースが絡まってとってもデリシャス☆
トマトソースだけでもおいしいのですが、クリームチーズを加えることで増す、濃厚でクリーミーな味わいは、やはりこの季節のお楽しみ♪
煮込み料理はやっぱりいいものですね。

金曜日の夜に、こういったメニューを作って、ワインと一緒に楽しむ…なんていうのいいな~♡

ジャスミン。


*レシピ*
【材料】2人分
帆立…8~10個程度
海老…8~10尾程度
にんにく…1かけ
トマト…2~3個
玉ねぎ…1/4個
クリームチーズ…30g
トマトペースト…大さじ1
砂糖…ふたつまみ程度
塩こしょう…適宜
白ワイン…50ml
バジル、イタリアンパセリなど…適量
EVオリーブオイル…適量


【作り方】
1.トマトはへたを取り除き、湯むきして、横半分に切り、種の部分を取り出す。1cm角程度のサイコロ状に切っておく。種の部分はざるなどにこして、こされた液はとっておく。
2.厚手の鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたにんにくを炒める。帆立と海老(殻とわたを取り除いておく)を加え、塩ひとつまみ程度を加えて炒める。白ワイン大さじ1(分量外)を回しかけ、完全に火が通る前にいったん取り出しておく。
3.同じ鍋にオリーブオイルを少したして、みじん切りにした玉ねぎをよく炒める。塩ひとつまみ程度を加えて、しんなりと少し色付く程度まで炒める。
4.3.にトマトと、トマトの汁、白ワインを加えて、蓋をして弱火で10分煮込む。
5.10分経ったら、トマトペーストを加え、木べらなどでトマトをよく潰しながら炒める。トマトがやわらかくなったら、クリームチーズを加えて、よく混ぜながら溶かし、砂糖ふたつまみを加える。味をみて塩こしょうで整え、最後に帆立と海老を戻し、ひと煮立ちさせたら完成。
6.仕上げにバジルの葉を散らす。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-02-19 18:30 | イタリアン*主菜* | Comments(0)
        
#813 ちょっと小粋な揚げ出しクリームコロッケ
週末などにお惣菜をまとめて作って、それを小分けにして冷凍保存をしているものを活用する。
ということは、もはやわたしの日々の食生活には欠かせないのですが、不思議と市販の冷凍食品を買うことってほとんどないのです。

a0122758_1441554.jpg

ただ唯一?これだけは別~!というものが、クリームコロッケ。
クリームコロッケを手作りするのなんてやっぱりとても大変だし、しかも難しいですよね…。かつて、クリームがゆるすぎて固まらず、コロッケに成形できない…という大失敗を経験してからは、自分で作るのは躊躇してしまいます。^^;

さらに冷凍のクリームコロッケってとってもおいしい!
有名店プロデュースのものなんて、レトルトの域を超えて絶品ですものね♪
そんなこともあり、クリームコロッケはほんと冷凍ものにお世話になりっぱなしです。

いつもは揚げて、そのままソースをかけていただくだけなのですが、たまにはちょっとひと工夫で、揚げ出しにしてみました。
揚げたてあつあつのクリームコロッケを、葛でとろみをつけたおだしの中に浮かべて。
アクセントにこれまた市販のスイートチリソースを。
和風だしに洋風のクリームコロッケ、そしてアジアンなスイートチリソースが絶妙なマッチング♪新感覚の味わいです。

レトルトも賢く使って。でも、ひと味違った趣向もこらして。^^
お店でいただくような、ひとひねりの効いたお気に入りの食べ方です♪

ジャスミン。

ちなみに正真正銘、ジャスミンの手作りクリームコロッケのレシピはこちらです。 → 

a0122758_1444692.jpg

*簡単なレシピ*
【材料】2人分
クリームコロッケ(冷凍)…4、5個程度
スイートチリソース(市販)…少量
●だし汁
かつおだし…100cc
みりん…大さじ1/2
薄口醤油…小さじ1~
塩…少々
葛(なければ片栗粉)…水小さじ1+葛小さじ1


【作り方】
1.クリームコロッケを揚げる。揚がったら、余分な油を切っておく。
2.だし汁の材料を水溶きの葛以外すべて合わせて火にかける。味をみて塩と薄口醤油で調整。(なるべく塩で調整)
最後に水溶きの葛を加えて、少しとろみをつける。
3.器にだしを入れ、その上からクリームコロッケを置く。お好みでスイートチリソースを少しのせてどうぞ。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-02-17 18:30 | フュージョン | Comments(4)
        
休日ごはん
白菜がおいしい季節ですよね♪

a0122758_23373878.jpg

白菜と中華風スープの味付けでくったりと煮て、とろみをつけてごはんにかける。
そんなスープごはんがうれしい。^^

豚バラや豚ミンチで作ることが多いのですが、今回は鶏胸肉で。
あっさりとヘルシーな仕上がりでした。

ひとり分も作りやすくって、休日のランチによく登場します。


最近、時間に余裕が出てきてこともあり、
ちょっとしたお菓子も(たまにですけど…^^;)作るようになりました。

a0122758_23434831.jpg

バナナケーキが好きでよく作っています。
材料も比較的、家にそろっているもので作れるのもポイント高し。
パウンドケーキやカップケーキを中心に、レシピをあれこれ検索して作り比べています。

ふと思いつきで、バナナのマーブルケーキが作りたいなぁと思ったのでレシピを探しているところ。
ありそうで、ないんですよね…。
おすすめあったら教えてください。^^

そもそもお菓子を作るのは苦手なので、材料をそろえて気合い入れて作るものよりは、
ワンボウルで作るこができる、こういう気軽なものがやはり性に合っているようです。(笑)

a0122758_23441061.jpg


今回はヨーグルトを使うレシピ。
生地がしっとりもっちりで新感覚でした。

別の日に作ったバナナの蒸しパンもおいしかった♡
バナナの焼き菓子好きだな~。^^

ジャスミン。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-02-16 23:45 | その他 | Comments(2)
        
#812 牡蠣ときのことほうれん草のクリーム煮込み
牡蠣のシーズン本番ですね♪

a0122758_1532023.jpg

ちょっと身が小ぶりかなぁ~という時は、炒めものにすることが多いです。
パスタやこんなクリーム煮込みにするのがおすすめ。大ぶりな時はもちろん、大好きな牡蠣フライにすることが圧倒的です。食べごたえがあるんだな~♡

クリーム煮込みというと、時間がかかっていそうですが、こちらは短時間でパパっと簡単に作れます。
寒い冬の日、遅く帰ってきても、手早くこんな一品が作れたら、心も身体も温まっていいのではないでしょうか。^^

生クリームの買い置きはそうそうあるものでもないと思うので、牛乳で作るレシピにしてみました。
個人的には生クリームで作るよりも、あっさりとした仕上がりになるのでお気に入り。
もちろん濃厚~なのがお好きな方は、ぜひ生クリームで。

それにしても牡蠣とクリームって合いますよね。大人っぽいクリーム系メニューというのも、オツってもんだなー。^^

ジャスミン。

☆レシピ☆
【材料】2人分
牡蠣…1パック
しめじ・舞茸など…1/2袋程度
ほうれん草…1束
白ワイン…大さじ2
オリーブオイル…大さじ1
にんにく(みじん切り)…1片

●クリームソース
無塩バター…10g
小麦粉…大さじ1
牛乳…200ml
顆粒コンソメスープの素…小さじ1
塩こしょう…適量


【作り方】
●下準備
牡蠣をボールに入れ、塩小さじ1程度をふりかけしばらく置く。ボールに水を少し入れ、やさしく洗う。ざるに上げて水気を切っておく。ほうれん草は茹でておく。

1.クリームソースを作る。厚手の鍋にバターを温め、バターが完全に溶けたら、小麦粉を加えてダマにならないようによく混ぜる。牛乳、コンソメスープの素を加えてひと煮立ちさせる。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを炒める。香りが立ってきたら、きのこを炒める。火が通ったら牡蠣も加え、白ワインを回しいれる。アルコール分が飛んだら、クリームソースを加え、ひと煮立ちさせる。味をみて塩こしょうで調整。ほうれん草を散らして、お好みでパルメザンチーズをかけてどうぞ。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-02-13 18:00 | 洋食 | Comments(0)
        
#811 こっくりうまうま♪手羽先の黒酢煮
手羽先が続きますが…。
(最近、手羽先をほんとよく食べているのです。コラーゲン、コラーゲン、コラーゲン♪)

a0122758_16521377.jpg

黒酢煮という名前ではありますが、黒酢の量はそれほど多くないので、お酢っぽさというよりも、醤油のこっくりとした感じに黒酢効果でさらにコクがプラスされたような味わいです。
とにかく、白いごはんが進むこと間違いなし!な一品です。^^

お行儀悪いけど、手羽先はむしゃぶりつく感じがよいなと思うのですが、やはり食べにくい…と思われる方も多いのではないでしょうか。
これはねぎと生姜とと一緒に1時間ほど、ことこと煮ているので、とってもやわらかくなり、驚くほどにほろっと骨から身を外すことができます。あと、間接のところで切り落としているので、あの“くの字”型に比べると、うーんと食べやすくなります。
でもやっぱり“くの字”はくの字で捨てがたくもありますが…。^^;

仕事のある平日はなるべく30分程度で作れるものをめざしていることもあり、1時間の下茹でというのはそれだけで敬遠したくなるような気もするのですが、火にかけて“放置”すればいいだけなので、意外と負担にならないことに気づきました。

これまで、いかに時間をかけずにということを意識してきた平日の晩ごはんですが、それよりも「気分的に負担にならない」これがなによりだとしみじみ実感するように。

たとえば、今日のレシピだと調理時間は1時間半かかります。
1時間半と聞くだけでパスしたくもなりますが、鍋を火にかける1時間というのは、かけてしばえば“自由な時間”!
帰宅後、なにがなんでも30分以内に食事をしなければならないような状況であれば別ですが、たとえば旦那さんが帰ってくるまであと2時間くらいあるのでその頃にごはんが仕上がればいいというのであれば、自由な時間の間に、明日のごはんの下準備をするもよし、他のおかずを作るもよし、お風呂を洗うもよし、洗濯物をたたんだり、アイロンかけたり、ちょっと掃除をしてみたり。家事なんていくらでもやることありますからね。

はたまたテレビを観たり、カフェタイムにしてのんびり休憩の時間にしたり、読書やネットの時間にしてみたり、エクササイズをしてみたり!?と、趣味の時間に使うのもとっても有効だなって思うのです。
お子さまとの時間を過ごすのにもよいですよね。^^

そう考えると、物理的な時間だけでは推し量れないなぁと思うのです。

そんなこともあり、以前にも増して、負担にならないという意味での日々の料理の工夫を試行錯誤しています。

決して手抜きをするわけではなく、疲れて帰ってきても負担にならないと思える範囲で、楽しく料理ができて、かつカラダ思いのおいしいごはん。
これがなによりだな~って思う今日この頃です。

これって、なかなかハードルの高いことではありますが、多くの人が求めていることでもあると思うので(なによりわたし自身が一番求めてます。笑)、今後もそんなレシピの数々をお届けできればな…と思っています。

というわけで、今日もジャスミンの研究は続くのだ!

ジャスミン。


a0122758_16505182.jpg

☆レシピ☆2人分
手羽先…10本程度
しょうが…20g程度
ねぎの青い部分…適量

●煮汁
にんにく…1かけ
黒酢…大さじ1
砂糖…大さじ2
みりん…大さじ1
酒…大さじ1
醤油…大さじ3

白髪ねぎ…適量
練りからし…お好みで適量


【作り方】
1.手羽先は間接のところで切り落とし、水で洗う。鍋にたっぷりの水を入れて、手羽先と生姜(薄切りにする)、ねぎの青い部分を入れて火にかける。沸騰したら弱火にして約1時間茹でる。途中あくをすくう。
2.1時間たったらざるでこして、手羽先を取りだす。(スープも鶏ガラスープとして使えるのでぜひご活用ください)
3.にんにくは皮をむいて包丁の背で潰し、手羽先と煮汁の材料をすべて鍋に入れて中火にかける。
沸騰したら、アルミホイルで鍋よりひとまわり小さいくらいの落とし蓋を作り(数カ所穴を開けておく)肉の上にのせ、さらに蓋をして、弱火で約15分煮込む。途中で何度か裏表を返す。
4.15分経ったら、落とし蓋と蓋をとり、さらに5分程度煮込む。両面を何度か返す。煮汁がとろっとしてきたくらいで出来上がり。
5.白髪ねぎと練りからしをお好みでどうぞ。
※今回のメニューでは、落とし蓋は、このアルミホイルで作るのがおすすめです。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-02-11 18:00 | 和食*主菜* | Comments(6)
        
常備菜あれこれ
この週末は仕込みデー。
a0122758_2053136.jpg



【作ったものたち】
a0122758_20533969.jpga0122758_20535213.jpga0122758_2054629.jpg
・鶏そぼろと大根の炒め煮
・煮たまご
・高野豆腐の炊いたん
・塩麹漬け鶏レバーの煮物

a0122758_20555683.jpga0122758_2056871.jpga0122758_20562111.jpg
・切り大根の炊いたん
・カレー風味のマカロニサラダ
・黒豆の煮物
・かぼちゃの煮物

a0122758_20575337.jpga0122758_2058579.jpg
・おかか梅
・味噌漬け豚

晩ごはんにお弁当にと役立つこと間違いなし♪
おかげで、今週は楽チンです。^^
常備菜をあれこれ作っておくとほんと便利♡


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました

------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-02-10 21:04 | Comments(4)
        
#810 手羽先の唐揚げレモン漬け oishii
手羽先のからあげってテンション上がりますよね。^^

a0122758_21115164.jpg

手羽からといえば名古屋風の甘辛味を思い浮かべますが、今回はレモン醤油で爽やかに♪
塩麹にひと晩漬け込んだこともあり、下味もしっかりしています。

実は今回、こちらのからあげはEVオリーブオイルで揚げています。
オリーブオイルで揚げものって、かなり贅沢な気がして最初はかなりためらわれたのですが(正直もったいなさすぎて、最初の1回目に踏み切るまでにかなり勇気がいったのは事実。笑)、量は少なめ(必要最低限。再び笑)にして揚げ焼きのような感じにしています。

これはあくまで個人の感想なのですが、オリーブオイルの揚げ物って、なんだか香ばしいというか、とてもカラっと揚がるような気がします。

そして揚げ物を健康的にいただけるのって、とってもうれしいなって思います。
手羽先を揚げる前に、ごぼうやれんこん、にんじんなどの根菜類を素揚げにするといいですよ。
オリーブオイルのいい香り漂う、こんがりヘルシーなベジチップスが楽しめます♪
素材のうまみ、甘みがオリーブオイルで引き立てられて、ほーんとおいしいのです!

そうそう、コラーゲンを意識して?か、
最近、手羽先を食べる確率が、グ、グーンと上がってるジャスミンです。(笑)
さて、効果のほどは…。

ジャスミン。


a0122758_21153071.jpg

☆レシピ☆
【材料】2人分
手羽先…10本程度
塩麹…大さじ2
黒こしょう…適量
片栗粉…適量

EVオリーブオイル…適量

●漬けだれ
砂糖…大さじ4
醤油…大さじ2
水…大さじ1
レモン汁…1/2個分

紫蘇…5,6枚


【作り方】
●下準備(前日の晩)
手羽先は骨に添って包丁で切りこみを入れ、厚手のビニル袋に手羽先と塩麹を入れる。塩麹を手羽先によくもみこんで、冷蔵庫で一晩寝かせる。
1.漬けだれの材料、砂糖、醤油、水を小鍋に入れて火にかける。沸騰直前で火からおろす。粗熱が取れたらレモン汁と細かく刻んだ紫蘇を加える。
2.手羽先の塩麹と水分をペーパーで拭き取り、黒胡椒を挽く。片栗粉をまぶし、オリーブオイル中温で揚げる。
3.2の上から1.のたれをかけてできあがり。漬けだれは多めに作っておいて、揚げたてをたれに漬け込んでも美味。


■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-02-07 21:27 | 和食*主菜* | Comments(4)
        
#809 【リメイク】白いんげん豆のスープでカスレ風*
しかしここ数日、寒いですねぇ…。昨日は昼間、ちょっとだけ吹雪いてました!
この寒さでは、やっぱり温かいスープ♪ってことで、前回紹介した“白いんげん豆のスープ”を、カスレ風にアレンジ。
a0122758_1251564.jpg

ね、大量にまとめて仕込んでおくと、こんないいことが待ってるってもんです。^^

ここ最近、急に食べたくなったカスレ。
実はカスレをいただけるお店を見つけて、近々行ってみようと思っています。
数年前にお料理教室で習ったのをきっかけにカスレと出会い、なんておいしいの〜♪と、すっかりとりこになってしまったのですが、習ったカスレというのは、とても本格的なもので、鴨のコンフィを作ったり、ガチョウの脂が材料で必要だったり…と、決して気軽に作れるものではありませんでした。
でも、手間ひまかけた分、とーってもおいしかったので、なんとかあの味わいに近いものを、もっと手軽に作れないものかと試行錯誤の結果、今回こちらのレシピに落ち着きました。
よってカスレ風と名付けましたが、カスレもどき…なんてツッコミはなさらぬように…。^^;

カスレのおいしさは、なんといっても白いんげん豆!
ほっこりとした、白いんげん豆をたっぷりいただきたいものです。鴨のコンフィは用意できませんが、かわりに、ソーセージと、ベーコンを追加でたっぷりと加えて。どちらからもいいスープが出るので、隠し味にもなっています。ガチョウの脂がないので、コクを出すために、ベーコンとソーセージをバターで炒めたものを加えました。そして、仕上げに、パン粉とチーズ。チーズはちょっぴり贅沢をして、グリエールチーズをのせて焼きました。ここは譲れない本格派というやつ。(笑)
グリエールチーズは、チーズフォンデュなどで使うチーズですが、これがたまらなくおいしいのですよね~♡

カスレ風でもあり、大好きなオニオングラタンスープっぽい味わいにもなって大満足でした♪
オーブンで仕上げることで、グツグツ煮えたスープを熱い熱いと言いながら、少しずついただくのがまたたまらんのです。^^

ジャスミン。


a0122758_1252741.jpg

☆レシピ☆
【材料】
白いんげん豆のスープ…カップ2杯分程度
無塩バター…10g
ベーコン…薄切りまたはブロック2、3枚分
ソーセージ…4、5本
粉チーズ…適量、 
パン粉またはバゲットなど…適量
あればグリエールチーズ(なめればピザ用チーズで可)…適量

【作り方】
1.厚手の鍋にバターを入れて、適当な大きさに切ったベーコン、ソーセージを炒める。
2.ある程度深さのある耐熱容器を用意し、1.ベーコンとソーセージを入れ、スープを入れる。上からお好みで粉チーズをふりかける。
3.200〜220℃の余熱したオーブンで、約10分焼く。10分経ったら、上からパン粉とチーズをかけて、さらに5〜10分程度焼けばできあがり。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ




[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-02-06 07:03 | スープ | Comments(2)
        
レシピ#808 具だくさん♪白いんげん豆のスープ oishii
寒い温かいスープが恋しくなりますね。我が家でも具だくさんのスープをよく作ります♪

a0122758_16363231.jpg

冬になると特に食べたくなるのが、白いんげん豆の入ったもの。
野菜もたーっぷり入れて、フランスの家庭料理をどこか思わせるような…なんて思っているお気に入りの一品です。

ソーセージとベーコンも加えたので、大満足のボリューム。
休日にはこのスープとおいしいパンがあれば、幸せ~なランチタイムが過ごせます。^^

材料を切って、次々とお鍋に加えていって、ことこと煮るだけで完成する簡単スープなのですが、なんと調味料は塩こしょうのみなんです!
これまではスープストックや、固形スープの素などが必需品だったのですが、このスープに出会ってからは、素材本来の持つうまみを存分に楽しめるようになりました。玉ねぎとにんじんをじーっくり炒めることで生まれる甘み。そして1個だけ加えるトマトのうま味も万能スープの素。もちろん、ベーコンやソーセージもいい味を出してくれます。

そんなうまみの集大成のなかで、白いんげん豆のほっこりとやさしい食感が、またなんともやさしく…♡
うーん、たまりません。^^

仕上げには、黒胡椒をガリガリと挽いて、パルミジャーノもたっぷりと♪

せっかくなので、たっぷり作って数日間は楽しみたいところ。
今日もあったかいスープが待っている♡なんて思うだけで、楽しうれしな家路です。(寒いけど…^^;)

ジャスミン。


☆レシピ☆
【材料】3,4人分
キャベツ…2,3枚
玉ねぎ…1/4個
にんじん…30g
トマト…(中)1個
白いんげん豆(水煮)…100~150g程度
ベーコン…2,3枚
ソーセージ…4本
水…500ml
EVオリーブオイル…適量
塩…適量
黒胡椒…適量


【作り方】
1.玉ねぎとにんじんはみじん切りにして、オリーブオイルを熱した厚手の鍋で、塩ひとつまみ程度を加えじっくりと炒める。焦げないように注意しながら、半分くらいの量になるまで炒める。1cm幅に切ったベーコンを加え軽く炒めたら、キャベツ、白いんげん豆、水を加える。
2.トマトは湯むきして横半分に切り、種の部分は取り除き、ざるなどでこす。1cm角くらいに切り、こした液と一緒に鍋に加える。蓋をして弱火で約20分。15分くらいで半分に切ったソーセージも加える。
3.味をみて塩で整える。仕上げに黒胡椒を挽き、パルミジャーノをかける。



■人気&イチオシレシピをまとめたPDF版レシピブック作成しました
------------------------------------------------
『ミセス・ジャスミンの料理手帖-人気おかずで献立1週間-』
販売ページはこちらです → 
http://p.booklog.jp/book/78608
------------------------------------------------


**********************
【お知らせ】
facebookファンページ
「ジャスミンの料理手帖」のフェイスブック公式ファンページができました! → 

Instagram ID → mrs_jasmine0614
日々のお弁当の記録など。


いつも応援クリックありがとうございます。^^

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ






ELLE ONLINE」にて「Jasmine*の週末食堂」連載中です!

週末・休日のごはんをテーマに、おもてなしメニューやじっくりと取り組みたい
“よそいきごはん”や、お気に入り食材・お取り寄せなどを紹介しています。

[PR]
# by mrs-jasmine2 | 2014-02-04 18:00 | スープ | Comments(0)